地方 自治 法 施行 令 第 167 条 の 4 第 1 項。 公務員に必要な法律、地方自治法施行令167条の2(随意契約)

随意契約の対象に関する認定基準について(地方自治法施行令第167条の2第1項第3号関係)

(市町村の境界に関して争論がある場合の対応)• (平成二十九年政令第七号)• (支庁、地方事務所等の長)• (協議会の組織の変更及び廃止)• (未議決事件の後の議会への不継続)• 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律 (平成十七年法律第百二十三号)第5条• 民間あっせん機関による養子縁組のあっせんに係る児童の保護等に関する法律施行令• 27 施行• (政令への委任) 第14章 補則(第253条~第263条の3) [ ]• (臨時選挙管理委員)• 公職選挙法施行令の一部を改正する政令• (代執行等)• (監査委員事務局、書記長、書記等)• (議員や他の委員会の委員に関する兼業禁止等の規定の準用)• 第8節 の辞職及び資格の決定• (条例による事務処理の特例)• についての条項があったが1956年の改正で削除された。 (契約の履行の確保)• (条例の制定又は改廃の請求権等)• 第3節• (現金及び有価証券の保管)• 01 施行• 農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備及び経過措置に関する政令• 第4款• (出納員その他の会計職員等)• 第3節• (解散した認可地縁団体の債権者に対する催告)• 第1款 普通地方公共団体に対する国又は都道府県の関与等• (認可地縁団体の財産目録及び構成員名簿)• (監査委員の退職)• 01 施行• 1 号 売買、貸借、請負その他の契約で、予定価格(貸借の場合は予定賃貸借料の年額又は 総額)が次の各号に掲げる額を超えないものをするとき。 (職員の退職手当の算定の基礎となる勤続期間の計算) 第12章 大都市等に関する特例(第252条の19~第252条の26の7) [ ]• 第1節 普通地方公共団体に対する国又は都道府県の関与等• H27. 二 不動産の買入れ又は借入れ、普通地方公共団体が必要とする物品の製造、修理、加工又は納入に使用させるため必要な物品の売払いその他の契約でその性質又は目的が競争入札に適しないものをするとき。 一 売買、貸借、請負その他の契約でその予定価格(貸借の契約にあつては、予定賃貸借料の年額又は総額)が別表第五上欄に掲げる契約の種類に応じ同表下欄に定める額の範囲内において普通地方公共団体の規則で定める額を超えないものをするとき。 (又は)• (平成二十九年政令第三百二十二号)• シルバー人材センター等と契約をするとき• 第4節• (平成三十年政令第百二十五号)• (特別委員会)• (認可地縁団体の代表権の制限に関する対抗要件)• (技術的な助言及び勧告並びに資料の提出の要求)• (認可地縁団体の代表の地位)• 関連項目 [ ] ウィキソースに の原文があります。

>

随意契約の対象に関する認定基準について(地方自治法施行令第167条の2第1項第3号関係)

地方自治法施行令167条の2の内容 <地方自治法施行令 167 条の 2 の内容> (随意契約)第167条の2 地方自治法第 234 条第2項の規定により随意契約によること ができる場合は、次に掲げる場合とする。 (普通地方公共団体の不作為に関する国の訴えの提起)• (包括外部監査人の監査)• (6)契約により、契約の後に代価の額を確定する場合において、当該代価の請求を故意に虚偽の事実に基づき過大な額で行ったとき。 (一時借入金)• (の閉鎖)• (解散した認可地縁団体に対する債権者の請求範囲)• (副知事、副市町村長の選任)• (公の施設)• (歳入歳出予算の区分)• (副知事、副市町村長の就任要件及び失職)•。 (条例による事務処理の特例の効果)• 第1款• (解散した認可地縁団体の清算結了)• (全国的な公益的法人との相互救済事業)• (、の設置及び定数)• (監査委員の就任に関する除斥事由)• 第4款• (中核市の権能)• (会計管理者の事務の概要、会計管理者に事故があった場合の措置)• (及びに関する選挙権)• (監査委員の必要事項に関する条例による規定)• 国民健康保険法施行令等の一部を改正する政令• (決算)• (総計予算主義の原則)• 5 号 緊急の必要により競争入札に付することができないとき。 (条例に関する議決の送付、条例の公布・施行・署名等、規則の施行・署名等) 第4章 選挙(第17条〜第19条) [ ]• 廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令• () 第3章 条例及び規則(第14条〜第16条) [ ]• attachEvent "onreadystatechange",H ,e. (条例の制定等の請求者の署名に関する罰則)• (、等)• (政令への委任)• (法律又は条例に基づかない給与その他の給付の支給の禁止)• 年金生活者支援給付金の支給に関する法律施行令• 地方税法施行令等の一部を改正する等の政令• (予算の内容)• (議長等の選挙の際に議長の職務を行う者がいない場合の取り扱い)• 第2款 物品• (議員の兼職禁止)• (選挙管理委員会の必要事項に関する委員会による規定)• 4 前2項の場合においては、予定価格又は落札金額を分割して計算することができるときに限り、当該価格又は金額の制限内で数人に分割して契約を締結することができる。

>

地方自治法

(平成三十一年政令第五十六号)• (許認可等の)• (私人の公金取扱いの制限)• (認可地縁団体の監事)• (金銭債権の) 普通地方公共団体にとっての金銭債権も金銭債務も、5年の消滅時効(第1項)。 第7節 及び• 01 施行• (認可地縁団体の監事の職務)• (令和二年政令第百二十一号)• 消滅時効の中断、停止その他の事項につき、適用すべき法律がないときは民法の規定を準用(第3項)。 (、等)• (議員報酬、議員の費用弁償及び期末手当)• (財産の管理及び処分)• H29. (解散した認可地縁団体の残余財産の帰属)• (平成三十年政令第六十五号)• (審査及び勧告)• )若しくはこれらに準ずる者として総務省令で定めるところにより普通地方公共団体の長の認定を受けた者において製作された物品を普通地方公共団体の規則で定める手続により買い入れる契約、障害者支援施設、地域活動支援センター、障害福祉サービス事業を行う施設、小規模作業所、第1項 に規定するシルバー人材センター連合若しくは同条第2項 に規定するシルバー人材センター若しくはこれらに準ずる者として総務省令で定めるところにより普通地方公共団体の長の認定を受けた者から普通地方公共団体の規則で定める手続により役務の提供を受ける契約又は第6項 に規定する母子福祉団体若しくはこれに準ずる者として総務省令で定めるところにより普通地方公共団体の長の認定を受けた者(以下この号において「母子福祉団体等」という。 (都区協議会)• H29. (3)在宅就業障がい者 障害者の雇用の促進等に関する法律(昭和35年法律第123号。 (委員の事務に関する長の補助機関の職員への委任等)• (市町村に関する調査)• (住民監査請求)• (政令への委任)• 3 号 障害者支援施設、地域活動支援センター、障害福祉サービス事業を行う施設、小規模作業所において製作された物品を買い入れる契約、及び上記施設に加えて、シルバー人材センター連合、シルバー人材センター等から役務の提供を受ける契約をするとき。 (の管理及び処分)• 公職選挙法施行令の一部を改正する政令• 例えば市役所で使用する文房具やコピー用紙などを購入する場合、1点あたり数百円なので、財産の買い入れ上限の80万には満たない為、随意契約が可能となります。 (解散した認可地縁団体の検査役)• (市に関する規定の適用)• 第5節 雑則• (委員の権限の制限)• 第3節 普通地方公共団体相互間の協力• (平成二十九年政令第百三十一号)• (第13項)• (4) 在宅就業支援団体 障害者雇用促進法第74条の3第1項に規定する在宅就業支援団体のこと。

>

地方自治法施行令第167条の2

(地方自治特別法の制定手続きと)• (公有財産に関する長の総合調整権)• (4) 地方自治法第234条の2第1項の規定による監督又は検査の実施に当たり職員の職務の執行を妨げたとき。 (是正の要求)• 地方自治法施行令及び医道審議会令の一部を改正する政令• (議会の事務局及び事務局長、書記長、書記その他の職員) 第7章 執行機関(第138条の2~第202条の9) [ ]• H30. (平成二十九年政令第二百四十一号)• 第2項 の規定により随意契約によることができる場合は、次に掲げる場合とする。 (連携協約)• (議会の選挙に関する規定)• 奄美群島振興開発特別措置法施行令の一部を改正する政令• (会議規則)• 01 施行• H30. H29. の根拠条文。 (財政状況の公表等)• 第9節• (包括外部監査契約の締結)• 第4款 機関等の共同設置• H29. 01 施行• (長の事務の概要)• (特別区の廃置分合又は境界変更)• H31. (外部監査人の監査への協力)• (都道府県議会の議員定数)• (地域協議会の権限)• 第3款 機関等の共同設置• (長の任期)• (地方公共団体の役割)• (認可地縁団体の事務が総会の決議によることの原則)• (人口の計算の根拠)• (公安委員会、職員)• (地方公共団体の名称)• 競争入札して落札者が決定するまでの期間は最低でも1週間以上かかる為、災害対応時のように緊急で業者に作業してもらう際には5号の規定により迅速に業者を動かして災害対応を行います。 (平成二十七年政令第二百九十七号)• 7月には改革を目指した大がかかりな改正(施行)が行われ、この改正地方自治法を「新地方自治法」()と呼ぶこともある。

>

地方自治法施行令第167条の4 堺市

(契約の締結)• (議長及び副議長)• (職員、長による職員の任免権、職員定数、地方公務員法)• 第6節 会議• 四 新商品の生産により新たな事業分野の開拓を図る者として総務省令で定めるところにより普通地方公共団体の長の認定を受けた者が新商品として生産する物品を、普通地方公共団体の規則で定める手続により、買い入れる契約をするとき。 H30. (助言等の方式等)• (認可地縁団体の破産手続開始)• (選挙管理委員会の委員の守秘義務)• (専門委員)• (議会による執行機関の長等に対する請願書の送付等)• 01 施行• 第4款 議会との関係• (認可地縁団体の総会の招集通知)• (長による議会への説明書提出義務)• H27. (議会事務局等の共同設置に関する準用規定)• (平成三十年政令第二百九十九号)• (国の関与に関する審査の申出の取下げ)• (第3項)• (による収入の方法等)• (委員)• (共同設置する機関の補助職員等)• (事務分掌、内部組織の編成)• (在職期間の通算)• (副知事、副市町村長の退職)• 第7節• についての条項があったが2011年の改正で削除された。 (事務を誠実に管理し執行する義務)• (とそのと)• (臨時選挙管理委員の給与)• 出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備等に関する政令• (副知事、副市町村長の任期、解職)• (選挙管理委員会の委員の失職)• (妨害等がある場合における議員の議長に対する注意喚起)• 必要があると認めるときは、条例の定めによりに管理を行わせることができる。 (区域内の公共的団体等に対する長の指揮監督権)• (組織)• 概説 [ ] 「の組織及び運営に関する事項は、の本旨に基いて、法律でこれを定める。 (公有財産の範囲及び分類)• 地方自治法第234条(契約の締結)• 01 施行• (平成二十八年政令第三百六十号)• (議員及び長に関する被選挙権) 第5章 直接請求(第74条〜第88条) [ ]• 次の者に該当される方で「障がい者支援施設に準ずる者」の認定を希望される場合、上記に掲載している「福岡県障がい者支援施設等に準ずる者の認定等に関する要領」に従い、県に対して認定の申請を行ってください。

>

公務員に必要な法律、地方自治法施行令167条の2(随意契約)

(長の地位)• (金融機関の指定)• (解散した認可地縁団体の清算人の職権による選任)• 第1節 に関する特例• (都道府県の廃置分合、境界変更)• 第8節• 認定申請書等の提出先 認定要領第2条の認定基準を満たし、認定を希望する者は、(第1号様式)認定申請書に必要な書類を添えて、新規申請受付締切日までに、郵送もしくは持参により下記提出先まで申請を行ってください。 公職選挙法施行令の一部を改正する政令• (監査の実施に伴う外部監査人と監査委員相互間の配慮)• (分担金等の徴収に関する処分についての不服申立て)• 第3款• )、同条第1項 に規定する障害福祉サービス事業(同条第7項 に規定する生活介護、同条第13項 に規定する就労移行支援又は同条第14項 に規定する就労継続支援を行う事業に限る。 9 号 落札者が契約を締結しないとき。 。 。

>

地方自治法

。 。 。 。 。

>