私 的 独占 の 禁止 及び 公正 取引 の 確保 に関する 法律。 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律

私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の改正並びにそれに伴う関係政令,規則及びガイドラインの改正について(平成22年1月1日施行):公正取引委員会

イ 相手方に対しその販売する当該商品の販売価格を定めてこれを維持させることその他相手方の当該商品の販売価格の自由な決定を拘束すること。 一 資本金の額又は出資の総額が三億円以下の会社並びに常時使用する従業員の数が三百人以下の会社及び個人であつて、製造業、建設業、運輸業その他の業種(次号から第四号までに掲げる業種及び第五号の政令で定める業種を除く。 立法論としては審判制度を廃止して、最初から裁判所で争えるようにすべきだとの意見もある。 )の政令で定める方法により算定した、当該違反行為に係る実行期間における売上額 二 当該違反行為に係る商品又は役務の全部又は一部の製造、販売、管理その他の当該商品又は役務に密接に関連する業務として政令で定めるものであつて、当該事業者及びその完全子会社等(当該違反行為をしていないものに限る。 (損害賠償請求権の裁判上の主張の制限、消滅時効) 第二十六条 前条の規定による損害賠償の請求権は、第四十九条に規定する排除措置命令(排除措置命令がされなかつた場合にあつては、第六十二条第一項に規定する納付命令(第八条第一号又は第二号の規定に違反する行為をした事業者団体の構成事業者に対するものを除く。 )又は当該特定事業者と親会社が同一である他の会社をいう。 )に対しても、第一項又は前項において準用する第七条第二項に規定する措置を確保するために必要な措置を命ずることができる。

>

(令和2年6月29日)「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律施行令の一部を改正する政令(案)」等に対する意見募集について:公正取引委員会

)の機能又は活動を不当に制限すること。 一 排除確保措置が疑いの理由となつた行為が排除されたことを確保するために十分なものであること。 この項目は、分野に関連した です。 まずは、独占禁止法がどのような目的で制定されたのか、どのような内容が定められているのかを確認しておきましょう。 (持株会社の処置) 第五条 第九条の規定施行の際現に存する持株会社の処置については、命令を以てこれを定める。 2 事務総局に事務総長を置く。 支配行為は、必ずしも相手方の意思に反していることを要しない。

>

私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律 (令和元年法律第45号)

)に限る。 ただし、当該会社が他の会社の子会社である場合は、この限りでない。 但し、この法律に規定する場合又はこの法律に関する研究の結果を発表する場合は、この限りでない。 、第七条の二第一項 同条第二項及び第八条の三において読み替えて準用する場合を含む。 この場合において、当該電磁的記録について差押え又は記録命令付差押えをする必要がないと認めるに至つたときは、当該求めを取り消さなければならない。 2 委員長及び委員の報酬は、在任中、その意に反してこれを減額することができない。

>

独占禁止法

同法律には法令用語で言うところの「」は付されておらず、頭書の名称は制定時のから引用したいわゆる「件名」である。 (証拠の閲覧・謄写) 第五十二条 当事者は、第五十条第一項の規定による通知があつた時から意見聴取が終結する時までの間、公正取引委員会に対し、当該意見聴取に係る事件について公正取引委員会の認定した事実を立証する証拠の閲覧又は謄写(謄写については、当該証拠のうち、当該当事者若しくはその従業員が提出したもの又は当該当事者若しくはその従業員の供述を録取したものとして公正取引委員会規則で定めるものの謄写に限る。 (中小企業等協同組合法の一部改正) 第十条 中小企業等協同組合法(昭和二十四年法律第百八十一号)の一部を次のように改正する。 ) 第七条の七第二項 前項ただし書 第七条の九第三項において読み替えて準用する前項ただし書 第七条の七第三項 前項 第七条の九第三項において読み替えて準用する前項 第七条の二第一項 同条第一項 前条第一項 第七条の二第一項 次条第一項 同条、第七条の三、第七条の四第二項若しくは第三項、第七条の五第三項又は 同項又は同条第三項において読み替えて準用する第七条の二第三項、第七条の三第一項(ただし書を除く。 一 単独で又は共同して、当該違反行為をすることを企て、かつ、他の事業者に対し当該違反行為をすること又はやめないことを要求し、依頼し、又は唆すことにより、当該違反行為をさせ、又はやめさせなかつた者 二 単独で又は共同して、他の事業者の求めに応じて、継続的に他の事業者に対し当該違反行為に係る商品又は役務に係る対価、供給量、購入量、市場占有率又は取引の相手方について指定した者 三 前二号に掲げる者のほか、単独で又は共同して、次のいずれかに該当する行為であつて、当該違反行為を容易にすべき重要なものをした者 イ 他の事業者に対し当該違反行為をすること又はやめないことを要求し、依頼し、又は唆すこと。

>

(平成31年3月12日)「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案」の閣議決定等について:公正取引委員会

一 排除措置命令等に係る行政事件訴訟法第三条第一項に規定する抗告訴訟 二 第七十条の四第一項、第七十条の五第一項及び第二項、第九十七条並びに第九十八条に規定する事件 無過失損害賠償請求訴訟の第一審の裁判権 第八十五条の二 第二十五条の規定による損害賠償に係る訴訟の第一審の裁判権は、東京地方裁判所に属する。 )第七条の二第一項の規定による命令を受けたことがあるとき(当該命令についての審判手続の開始を請求することなく平成十七年改正前独占禁止法第四十八条の二第五項に規定する期間を経過している場合に限る。 一 当該商品が一般消費者により日常使用されるものであること。 二 公正取引委員会規則で定めるところにより、単独で、当該違反行為をした事業者のうち三番目に公正取引委員会に当該違反行為に係る事実の報告及び資料の提出を行つた者(当該報告及び資料の提出が当該違反行為に係る事件についての調査開始日以後に行われた場合を除く。 この章において「違反購入子会社等」とは、購入子会社等であつて、違反行為をした事業者の当該違反行為に係る一定の取引分野において当該違反行為をしたものをいう。 以下この条において同じ。

>

私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律 (令和元年法律第45号)

(臨検、捜索、差押え) 第百二条 委員会職員は、犯則事件を調査するため必要があるときは、公正取引委員会の所在地を管轄する地方裁判所又は簡易裁判所の裁判官があらかじめ発する許可状により、臨検、捜索、差押え又は記録命令付差押え(電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。 4 公正取引委員会は、この法律の規定に違反する事実又は独占的状態に該当する事実があると思料するときは、職権をもつて適当な措置をとることができる。 )の過半数を有する他の会社をいう。 )第七条第二項(独占禁止法第八条の二第二項及び第二十条第二項において準用する場合を含む。 この節には古い情報が掲載されています。 関連項目 [ ]• この章において「特定非違反購入子会社等」とは、非違反購入子会社等のうち、違反行為をした事業者と完全子会社等の関係にあるものであつて、他の者から当該違反行為に係る商品又は役務の供給を受けることについて当該事業者から指示を受け、又は情報を得た上で、当該指示又は情報に基づき当該商品又は役務の供給を受けたものをいう。

>