松本 真由美 東京 大学。 松本真由美

【松本真由美の環境・エネルギーDiary】福島発の水素戦略でCO2フリーへ

特定非営利活動法人・再生可能エネルギー協議会(JCRE 理事。 循環型社会構築の必要性(鹿児島青年会議所主催)• 褐炭から水素を製造する際に排出されるCO2は、オーストラリア連邦政府・ビクトリア州政府が進めているCCS 二酸化炭素分離回収・貯留 プロジェクトのひとつ「CarbonNETプロジェクト」と連携して、将来は地中に貯留する予定である。 ネイチャー・フォトニクス・テクノロジー・コンファレンス(Nature Asia Pacific主催)コーディネーター• 平成31年度~令和2年度 経済産業省「太陽光発電設備の廃棄等費用の確保に関するワーキンググループ」委員。 大学での教育活動の傍ら、シンポジウムのコーディネータやパネリスト、MC、講演、執筆活動などの活動を行っている。 日経BP「復興ニッポン」連載• 定置式の水素ステーション設置費用が約5億円として、国の補助2.5億円と県の補助1億円を利用すれば事業者負担は1.5億円に軽減されます。 日産フリートセミナー2018ファシリテーター• 平成30年度~令和2年度 国立研究開発機構法人新エネルギー・産業技術総合開発機構「NEDO技術委員」。

>

松本 真由美 » 講演サポート.com

川崎重工業や電源開発、岩谷産業、丸紅、豪AGLエナジーの5社がコンソーシアムを組み、現在は水素製造に必要な機器の製作や、液化水素を輸送するための特殊な船の製造などを進めている。 ビジネスフォーラムこれからの地球〜生物多様性を考えるセミナー(日本経済新聞主催)トークショー• 朝日地球会議2018パネルセッション「水素が動かす復興と五輪」(朝日新聞主催)パネリスト• 日本学術振興会産学協力研究委員会・次世代の太陽光発電システム第175委員会 委員• 1月20日(月)熊本市にて自治体とSDGsに関して講演 2020年• 2018年7月、理事。 (一社)日本風力エネルギー学会「風力エネルギー」2020年Vol44通巻133号に「再生可能エネルギーコスト低減のための政策」を寄稿しました。 テーマはSDGsとグリーンリカバリー• 地球温暖化・生物多様性に取り組む!未来につなぐ企業の役割(トヨタ紡織主催環境月間講演会)• 出演者は高井正憲さん、萩野志保子さん、千葉真由美さん、吉元潤子さん、大沼啓延さん、曽根かおるさん、佐藤紀子さん、大下容子さん、田原浩史さん、岡田洋子さん、飯村真一さん。 経済産業省「再生可能エネルギースキル標準(GPSS:Green Power Skills Standard 」執筆メンバー• 進化する太陽光発電〜大学での研究開発と利用拡大をめざして(SPEED研究会主催) イベント• 水素利用は、カーボンゼロ社会に向けて日本が貢献できる重要な取り組みであり、産業競争力を持てる分野でもある。 日本原子力学会「科学コミュニケーションの観点からバックエンド問題を考える」• (終了した番組). 最新エネルギー事情と企業の動向(ニコン環主催境月間セミナー)• 海外から安価な水素を大量に調達する国際水素サプライチェーン構想も、需要面から火力発電用の燃料(混焼あるいは専焼)として大量に水素を消費する水素発電の実現が必至である。 日本風力エネルギー学会「生物多様性との共存を図る風力発電の開発〜クリーンエネルギーとしての社会的受容性と地域振興」• スマートコミュニティーで目指すエコアイランド宮古島(宮古島市主催)• ガスの可能性(ミライフ会合同セミナー)• APEC女性リーダーズ・ネットワーク会合(内閣府主催) 司会 出演 [編集 ] CNN• 平成24-27年度新エネルギー等設備導入促進事業 固定価格買取制度の理解促進事業 審査委員。

>

松本真由美│結婚適齢

環境動向と日本の自動車産業の役割(豊田合成主催環境報告会)• 平成22年度電源立地推進調整等事業「日本のエネルギー2011」策定委員会委員。 知事とのタウンミーティング〜再生可能エネルギー(新潟県主催)パネリスト• 私たちの未来を考える 地球温暖化とエネルギー(21世紀のエネルギーを考える会・みえ主催)• 人物 [編集 ] 研究テーマは、「エネルギーと地域との共存」「環境エネルギー政策の国際比較」「企業の環境経営動向(SDGs,ESG投資等)」等、環境・エネルギーの視点から持続可能な社会のあり方を追求する。 IEEI「クリーンパワープランでアメリカは低炭素技術をリードするか」連載• 国際環境経済研究所(IEEI)「 企業の新しい温暖化対策」「」、• IEEI「産業界が読み解くパリ協定」連載• CO2削減と省エネのトレンド(東北電力主催コスト改善セミナー)• 映画で考える再生可能エネルギーシンポジウム(経済産業省主催) パネリスト• 2008年より東京大学での環境・エネルギー分野の研究、および教育活動に携わる。 特定非営利活動法人・再生可能エネルギー協議会理事。 日経BP「エネルギー論壇」• 水素・燃料電池自治体向け勉強会 in 山梨(関東経済産業局主催)• ネイチャー・フォトニクス・テクノロジー・コンファレンス(Nature Asia Pacific主催)コーディネーター• 東京工業大学太陽光発電シンポジウム(東工大主催)司会• 『』 (成山堂書店)を上梓しました。

>

「水素社会」の実現近づく!安価な原料で水素を大量製造 松本真由美(東京大学教養学部環境エネルギー科学特別部門客員准教授)

2008年より研究員として東京大学での環境・エネルギー分野の人材育成プロジェクトに携わる。 2020年• 東京大学教養学部では「エネルギー科学概論」「再生可能エネルギー実践講座」等の講義を担当。 昭和産業ウェブサイトの「」が6月末にアップしました。 プライムトゥディ NHK-BS1• 地球温暖化とエネルギー〜地方自治体への期待(埼玉県西部地域まちづくり協議会ダイヤ環境部会主催)• 今後の日本のエネルギー政策はどうなる?石油、電力・ガス自由化、水素(三菱商事エネルギー中部支店主催)• 省エネ・節電から始める未来のエコスタイル(とくしま県民環境会議主催)• 特定非営利活動法人・国際環境経済研究所(IEEI)理事。 国民参加型エネルギー事業〜次代に残そう誇れる京都(日本青年会議所京都ブロック協議会主催)• SPEED研究会(エコイノベーションとエコビジネスに関する研究会)幹事• IEEI「松本真由美の識者に聞く ポスト震災 - 日本はどう動くか」連載• 低炭素まちづくりシンポジウム(法政大学主催)パネリスト• ワールドリポート• 人物 [ ] 研究テーマは、「エネルギーと地域との共存」「環境エネルギー政策の国際比較」「企業の環境経営動向(SDGs,ESG投資等)」等、環境・エネルギーの視点から持続可能な社会のあり方を追求する。 平成27年度経済産業省「新エネルギー等導入促進基礎調査(地熱発電の推進に関する調査研究会)委員。 ここがヘンだよ エネルギー政策• 日本のエネルギー情勢の今と今後の展望(名古屋商工会議所主催)• 時代を拓くエネルギービジネス〜日本と世界の動向(ウィズガス・エコフォーラム)• 平成31年度~令和2年度 経済産業省「太陽光発電設備の廃棄等費用の確保に関するワーキンググループ」委員。

>

「水素社会」の実現近づく!安価な原料で水素を大量製造 松本真由美(東京大学教養学部環境エネルギー科学特別部門客員准教授)

12月22日(火)と23日(水)西日本新聞主催政経懇話会にて講演します。 [その他の委員会] 令和2年度~ 「えどがわ未来カンファレンス」委員 平成29年度〜令和2年度「関西電力原子力安全検証委員会」委員。 上智大学在学中から、TV朝日の報道番組のキャスター、リポーター、ディレクターとして取材活動を行い、その後、NHK BS1でワールドニュースキャスターとして「ワールドレポート」等の番組を6年間担当した。 熊本県出身。 また、県内の水素利用の機運を醸成していきたい考えで、同県は17年度から、商用水素ステーションの導入支援として1億円を上限に補助するほか、FCVを導入する民間事業者に100万円を補助しています。

>

松本真由美 プロフィール|講演依頼・講師派遣のシステムブレーン

「地球温暖化とグリーン経済」(未踏科学技術協会編・生産性出版)第3章「再生可能エネルギー事業に関する訪独調査報告」• 平成22年度電源立地推進調整等事業「日本のエネルギー2011」策定委員会委員。 地球環境とエネルギー〜企業の省エネ&節電対策は?(熊本県環境保全協議会主催)• 「激論&直言 日本のエネルギー 100年後まで見据えた課題を総まくり」(日経エコロジー編, 日経BP社, 2013年9月出版)第3章「スマートグリッドの経済効果」第4章「改正省エネ法の焦点」• 進化するクリーンディーゼルの現状(クリーンディーゼル連絡会主催)コーディネーター• RD20のウェブサイト• 11特別寄稿 成長戦略の実現に向け 電力の安定供給が不可欠」• 私たちの未来を考える〜低炭素社会へのシフト(アイシングループ主催)• Grand Renewable Energy 2018 International Conference 司会(英語)• 国際環境経済研究所(IEEI に「」(5月1日)を寄稿しました。 水素社会の実現に向けた国内外の動向を今後も追っていきたいと思う。 また、水素の販売事業モデルを確立することもこの実証の目標の一つです。 環境動向と日本の自動車産業の役割(豊田合成主催環境報告会)• 日本原子力学会「科学コミュニケーションの観点からバックエンド問題を考える」• みんなで考えようこれからのエネルギー〜今、できる事・これから、できる事(青年会議所中国地区岡山ブロック協議会主催)• 平成30年度~令和2年度 国立研究開発機構法人新エネルギー・産業技術総合開発機構「NEDO技術委員」。 10分でわかる再生可能エネルギーの近未来(IT media主催)• 地球温暖化問題と未来へつなぐライフスタイル(熊本県主催)• マイプロフィール 現住所 出身地 誕生日 3月10日 うお座 血液型 B 型 性別 女性 所属 部署名・学校名など 東京大学教養学部客員准教授 好きなもの 趣味:料理、ガーデニング、ジョギング 好きなもの:花、ワイン 自己紹介 こんにちは。 平成29年度〜30年度「エコタウンえどがわ推進計画策定委員会」委員。

>

松本真由美

車については皆様からいろいろ教えていただきたいです。 [国の審議会・委員会] 平成29年度〜令和2年度 総合資源エネルギー調査会「再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会」委員。 テレビ朝日• ここがヘンだよ エネルギー政策• テーマ別ジャンル:. 地球温暖化とエネルギー〜ネット・ゼロ・エネルギーにするためには(豊田鉄工主催環境月間講演会)• は(に合うおいしいものも中心に)ランニング 特技は。 大学在学中にテレビ朝日の報道番組のキャスターになったのを機に、報道番組のキャスター、リポーター、ディレクターとして幅広く取材活動を行う。 。

>