日本 果物 生産 量 ランキング。 いろんな果物の生産量/収穫量日本一がどこかを調べてみた

農林水産業についての都道府県ランキング

8位] - 273千本 212 a - 2016年度までの過去5年間の平均値 0. 2位] 1,436 t 920 t 103 ha 1,390 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 8位] - 189千本 125 a - 2016年度までの過去5年間の平均値 1. 9位] 5,593 t 4,814 t 468 ha 1,192 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 1. 4位] - 1,750千本 1,661 a - 2018年度までの過去11年間の平均値 5. 7位: 新潟市 (81,557g)• また、話題性が高い食品でもあり、マスコミやネットで話題になるといい気に需要が伸びる特性があります。 1位] 5,826 t 4,473 t 192 ha 3,019 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 14. 8位] 10,213 t 7,936 t 287 ha 3,539 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 1. 10位:ぶどう(2,272g)• 5位] 97 t 85 t 7 ha 1,280 kg 2014年度までの過去2年間の平均値 0. 全国計は224,900tですが、トップは和歌山県の47,500tで、シェアでは21. 40位: 京都市(69,648g)• 1位] - 37,393千本 14,926 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 5. 3位] 10,001 t 8,666 t 249 ha 3,999 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 1. 8位] 1,225 t 1,145 t 163 ha 748 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 1. 「みかん(蜜柑)」トップ5. 9位] - 9,481千本 1,004 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 1. また果物の国産品・輸入品を合わせた生鮮需要が約56%で、加工品需要が約44%となっています。 5位] - 399千本 149 a - 2007年度までの過去2年間の平均値 0. 8位] - 545千本 126 a - 2016年度までの過去5年間の平均値 1. 6位] - 13,906千本 1,334 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 0. 5位] 409 t 328 t 39 ha 1,037 kg 2018年度までの過去11年間の平均値 3. 生産量全国割合 年平均 生産量全国順位 最高 - 最低 [平均] 農作物 収穫量 年平均 出荷量 年平均 作付面積 年平均 10a当たり収量 年平均 備考 9. 44位: 福井市(66,673g)• 2位] 37,823 t 33,884 t 1,300 ha 2,902 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 1. 5位] - 13,496千本 2,798 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 0. 3位] 1,943 t 1,413 t 122 ha 1,576 kg 2016年度までの過去6年間の平均値 4. 栃木県では全域的にいちごが生産されていますが、真岡市を中心に県中南部で栽培が特に盛んになっています。 5位] - 5,060千本 858 a - 2018年度までの過去11年間の平均値 7. 52位: 那覇市 (51,491g). ズッキーニの順位は1位。 1位] 13,646 t 12,407 t 308 ha 4,443 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 1. 8位] 214 t 182 t 24 ha 866 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 3位] 16,392 t 14,176 t 568 ha 2,871 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 2. 日本梨 2018 トン 全国 231,800 1 千葉 30,400 2 茨城 23,800 3 栃木 20,400 4 福島 17,100 5 鳥取 15,900 6 長野 13,600 7 熊本 9,110 8 埼玉 8,470 9 福岡 8,100 10 大分 8,090 11 新潟 7,780 12 徳島 5,030 13 愛知 4,920 14 神奈川 4,900 15 群馬 4,660 16 佐賀 4,080 17 富山 3,420 18 山口 2,810 19 宮城 2,750 20 広島 2,680 21 石川 2,670 22 秋田 2,280 23 岐阜 1,860 24 東京 1,800 25 山形 1,510 26 京都 1,460 27 福井 1,090 28 兵庫 989 29 長崎 738 30 滋賀 662 31 香川 492 柿県別生産量(2018) 柿 2018 トン 全国 208,000 1 和歌山 39,200 2 奈良 28,300 3 福岡 15,900 4 岐阜 13,900 5 愛知 13,500 6 新潟 9,720 7 長野 9,360 8 福島 9,340 9 愛媛 8,360 10 山梨 7,440 11 山形 6,860 12 静岡 4,520 13 三重 4,250 14 茨城 3,100 15 広島 2,610 16 岡山 2,450 17 鳥取 2,290 18 島根 2,060 19 熊本 1,960 20 富山 1,710 21 香川 1,200 22 石川 1,160 23 宮城 1,020 24 福井 946 ぶどう県別生産量(2018) ぶどう 2018 トン 全国 174,700 1 山梨 41,800 2 長野 31,100 3 山形 16,100 4 岡山 15,300 5 福岡 7,300 6 北海道 5,180 7 大阪 4,830 8 青森 4,490 9 愛知 4,040 10 岩手 3,250 11 広島 3,150 12 福島 2,640 13 大分 2,530 14 兵庫 2,290 15 島根 2,210 16 新潟 2,020 17 茨城 2,010 18 秋田 1,940 19 宮崎 1,730 20 埼玉 1,330 21 香川 1,300 22 群馬 1,240 23 石川 1,120 24 愛媛 1,040 25 滋賀 567 26 鳥取 560 27 富山 230 もも県別生産量(2018) 桃 2018 トン 全国 113,200 1 山梨 39,400 2 福島 24,200 3 長野 13,200 4 山形 8,070 5 和歌山 7,420 6 岡山 5,950 7 新潟 1,600 8 香川 1,120 9 岐阜 610 10 愛媛 298 うめ県別生産量(2018) 梅 2018 トン 全国 112,400 1 和歌山 73,200 2 群馬 5,740 3 三重 2,090 4 神奈川 1,810 5 長野 1,770 6 奈良 1,590 7 宮城 1,510 8 福井 1,490 9 茨城 1,470 10 埼玉 1,440 11 山梨 1,430 12 大分 1,220 13 福岡 1,200 14 福島 1,090 15 栃木 1,020 16 愛知 892 17 静岡 812 18 鹿児島 802 19 広島 697 20 千葉 650 21 山口 455 22 徳島 436 キューイフルーツ県別生産量 キウイフルーツ 2017 トン 全国 30,000 1 愛媛 6,840 2 福岡 5,410 3 和歌山 4,060 4 神奈川 1,880 5 静岡 1,550 6 山梨 1,010 7 群馬 986 8 栃木 882 9 佐賀 759 10 千葉 629 11 香川 615 12 大分 594 13 茨城 414 14 徳島 414 15 愛知 403 16 広島 303 17 新潟 245 18 山口 225 洋なし県別生産量 洋梨は、山形の『ラ・フランス』が栽培の中心ですが、青森では『ゼネラルレクラーク』、新潟では『ル・レクチェ』となっています。 2位] 49 t 40 t 17 ha 365 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 今回はそれと全く同じことをやってみようかなと。 7位] - 893千本 1,747 a - 2018年度までの過去7年間の平均値 4. 2位] - 183千本 120 a - 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 3位] - 294千本 171 a - 2016年度までの過去3年間の平均値 1. 8位] 177 t 155 t 14 ha 1,246 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 2位] 332 t 249 t 36 ha 912 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 3位] - 69千本 15 a - 2010年度までの過去3年間の平均値 1. ちょうど子供たちが夏休みに突入した頃。

>

[佐賀県] 麦類, 野菜 生産量

7位] - 8,179千本 1,178 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 1. 収穫量は約14,700トンで全体の約45. 8位] 63 t 51 t 5 ha 1,167 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 38位: 山口市(70,687g)• 2位] 1,701 t 1,286 t 69 ha 2,455 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 8位] 643 t 442 t 60 ha 1,058 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 8位] 219 t 99 t 30 ha 725 kg 2016年度までの過去6年間の平均値 1. 39位: 川崎市(70,336g)• 8位] 3,126 t 1,308 t 87 ha 3,570 kg 2016年度までの過去11年間の平均値 0. 6位] - 588千本 445 a - 2018年度までの過去14年間の平均値 3. 9位] 2,912 t 2,564 t 51 ha 5,596 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 8位] 4,233 t 3,223 t 254 ha 1,666 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 4位: 盛岡市 (86,354g)• 2位] - 586千本 154 a - 2016年度までの過去5年間の平均値 0. 15位: 岡山市(78,447g)• 都道府県別ランキング:果実の産出額(2017年) 順位 都道府県名 全国割合 1位 和歌山県 9.7% 2位 青森県 9.3% 3位 山形県 8.3% 4位 長野県 7.4% 5位 山梨県 7.0% (データ出所:農林水産省「グラフと統計でみる農林水産業」) 4位の 長野県は、 リンゴ(全国2位)、 ぶどう(全国2位)、 もも(全国3位)が有名です。 50位: 宮崎市 (64,437g)• 4位] 519 t 226 t 101 ha 507 kg 2018年度までの過去10年間の平均値 0. 9位] 45,861 t 43,015 t 1,190 ha 3,846 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 15. 果樹 2017 億円 全国 8,450 1 和歌山 816 2 青森 790 j3 山形 705 4 長野 625 5 山梨 595 6 愛媛 537 7 熊本 318 8 静岡 302 9 岡山 280 10 福島 250 11 福岡 240 12 佐賀 204 13 愛知 197 14 千葉 179 15 広島 172 16 長崎 156 17 茨城 133 18 宮崎 130 19 高知 118 20 大分 115 21 徳島 103 22 岩手 99 23 神奈川 98 24 群馬 96 25 鹿児島 95 26 奈良 86 27 新潟 79 28 栃木 77 29 鳥取 74 30 大阪 71 31 秋田 69 32 埼玉 69 33 三重 67 34 香川 62 35 北海道 61 36 沖縄 60 37 岐阜 50 38 山口 48 39 島根 38 40 兵庫 37 41 石川 34 42 東京 32 43 宮城 24 44 富山 22 45 京都 21 46 福井 9 47 滋賀 8 主な果実の生産高 2017年) 計 2,463,000(t 1 みかん 741,300 2 りんご 735,200 3 日本なし 245,400 4 かき 224,900 5 ぶどう 176,100 6 もも 124,900 7 うめ 86,800 8 キウイフルーツ 30,000 9 西洋なし 29,100 10 すもも 19,600 11 さくらんぼ 19,100 12 くり 18,700 13 パインアップル 8,500 14 びわ 3,630 果樹別県別生産高 みかん県別生産(2018年) みかんは温暖な気候を好む作物です。 9位] - 8,148千本 21,586 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 0. 果物の種類によっては公開されてるデータの年代に違いがあるので、最新版ではない場合があることをご了承ください。 古くから生産の拡大が行われ、西日本や四国、中部が中心になています。 6位] - 4,030千本 1,532 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 2. 1位] 1,059 t 810 t 131 ha 807 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 3位] 23 t - 14 ha - 2016年度までの過去10年間の平均値 0. 7位] - 620千本 179 a - 2016年度までの過去3年間の平均値 1. 23位: 高知市(76,785g)• 4位] 11,569 t 10,633 t 157 ha 7,344 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 5位] 4,674 t 3,493 t 331 ha 1,402 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 10. 2位] 338 t 209 t 34 ha 971 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 1. 48位: 大阪市(64,976g)• 近年は地域のブランド化が盛んに行われ、地方再生の要的な作物になっています。

>

長野県の野菜ランキング|野菜統計

2位] 573 t 531 t 161 ha 353 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 15. 1位] 880 t 776 t 53 ha 1,643 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 2. 4位] - 241千本 329 a - 2016年度までの過去5年間の平均値 0. 5位] 85 t 61 t 37 ha 231 kg 2014年度までの過去2年間の平均値 1. 7位] 6 t 5 t - 717 kg 2016年度までの過去3年間の平均値 0. 32位: 相模原市(74,552g)• 3位] - 421千本 271 a - 2006年度までの過去3年間の平均値 3. 5位] 197 t 163 t 24 ha 803 kg 2014年度までの過去2年間の平均値 0.。 36位: 佐賀市(72,150g)• 9位] 3,685 t 2,948 t 284 ha 1,293 kg 2018年度までの過去11年間の平均値 2. 5位] 163 t 138 t 14 ha 1,190 kg 2014年度までの過去2年間の平均値 0. 以下、青森県、山形県と続きます。 5位] 36 t 23 t 5 ha 723 kg 2014年度までの過去2年間の平均値. 収穫量は約16,418トンで全体の約42%です。 6%です。 18位: 山形市(77,812g)• 9位] 53,515 t 49,438 t 2,597 ha 2,068 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 5. 9位:キウイフルーツ(2,339g)• 2位] 360 t 237 t 22 ha 1,635 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 7位] - 28,333千本 10,720 a - 2018年度までの過去9年間の平均値 2. 近年では、温州みかんの他の品種も開発されて地域の特産物としての取り組みが行われています。 果物の生産額ランキング1位は和歌山県 果物の生産額が日本一多い都道府県は和歌山県です(2017年)。

>

日本梨の生産量の都道府県ランキング(平成30年)

5位] - 8,890千本 11,326 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 1. 7位] 5,336 t - 1,839 ha - 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 2位] - 2,863千本 1,637 a - 2016年度までの過去9年間の平均値 0. 5位] - 33,320千本 27,780 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 0. 7位] - 200千本 60 a - 2016年度までの過去3年間の平均値 0. 1位] 134,176 t 122,176 t 6,534 ha 2,057 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 8. 3位] 8,113 t 6,809 t 171 ha 4,723 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. エリンギの順位は1位。 6位] 747 t 683 t 37 ha 1,980 kg 2018年度までの過去9年間の平均値 1. 5位] 155 t 125 t 50 ha 300 kg 2018年度までの過去8年間の平均値 2. 4位] - 3,180千本 360 a - 2017年度までの過去5年間の平均値 2. 5位] 60 t 55 t 5 ha 1,210 kg 2014年度までの過去2年間の平均値 0. 31位: 大津市(74,636g)• 8位] 191,130 t - 37,676 ha - 2018年度までの過去13年間の平均値 0. りんご 2018 t 全国 756,100 1 青森 445,500 2 長野 142,200 3 岩手 47,300 4 山形 41,300 5 福島 25,700 6 秋田 23,000 7 群馬 7,890 8 北海道 7,120 9 宮城 2,730 10 広島 1,450 11 岐阜 1,390 12 富山 996 13 山梨 779 14 石川 653 日本梨県別生産量;2018 日本ナシは、りんごやみかんと違い比較的、日本全国で幅広く生産されています。 1位] 3,436 t 3,051 t 410 ha 844 kg 2018年度までの過去11年間の平均値 0. 8位] 90 t 75 t 17 ha 524 kg 2018年度までの過去12年間の平均値 0. 21位: 富山市(77,134g)• 関連ピックアップ 都道府県 収穫量 割合 順位 1 北海道 - - - 2 青森県 - - - 3 岩手県 - - - 4 宮城県 2,750t 1. 5位] 195 t 165 t 10 ha 1,872 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 22位: 松江市(76,867g)• 8位] - 289千本 44 a - 2016年度までの過去5年間の平均値 0. 野菜や果物の名産地に住んでる方々は特に考えると思うのですが、「この野菜や果物って、日本で一番生産量の多いとこってどこだろう」というのを私自身、数年前にふと考えました。 3位: 高松市 (87,879g)• 30位: 堺市(74,995g)• 6位] 5,194 t 3,713 t 261 ha 1,984 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 1. 13位:オレンジ(1,332g)• 8位: 横浜市 (80,664g)• 5位] - 377千本 39 a - 2007年度までの過去2年間の平均値 0. 6位:すいか(3,555g)• 5位] 553 t 151 t 37 ha 1,465 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 1. 1位] 7,446 t 5,070 t 385 ha 1,921 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 5. セロリの順位は1位。 6位: 奈良市 (84,224g)• 4位] 9,590 t 8,767 t 551 ha 1,733 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 2. 6位] - 85千本 136 a - 2016年度までの過去5年間の平均値 0. 2位は「あまおう」の福岡県で10. 16位: 広島市(78,261g)• 4位] 2,063 t 1,834 t 200 ha 1,034 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 2. 4位] - 2,730千本 1,657 a - 2018年度までの過去14年間の平均値 0. 2位] 253 t 142 t 23 ha 1,100 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 2. 5位] 3,907 t 2,668 t 248 ha 1,582 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 5位] 3,373 t 3,030 t 102 ha 3,322 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 3. 2位] 112 t 38 t 8 ha 1,327 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 5位] 12,523 t 8,396 t 633 ha 1,981 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 最新データはこちらでチェック 中学入試の社会(地理分野)でよく出る 農産物の都道府県ランキングを覚えやすい形式にしてます。 3位] 2,188 t 1,624 t 159 ha 1,376 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 1. 43位: 福岡市 (66,829g)• 都道府県 収穫量 割合 順位 1 北海道 1,830t 1. データは2019年10月に農林水産省ホームページからダウンロードしたものを活用。 2位] 283 t 207 t 15 ha 1,880 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 5位:他の柑きつ類(4,384g)• 5位] - 8,526千本 3,128 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 1. 6位] - 9,413千本 7,267 a - 2017年度までの過去14年間の平均値 1. 収穫量は約86,712トンで全体の約63. えのきたけの順位は1位。

>

長野県の野菜ランキング|野菜統計

8位] 1,374 t 1,128 t 103 ha 1,333 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 1. 2位] 455 t 285 t 21 ha 2,137 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 2位] 9,880 t 6,226 t 355 ha 2,771 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 3. 9位] 10,506 t 9,348 t 518 ha 2,019 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 6. 7位] 20 t 13 t 2 ha 800 kg 2016年度までの過去3年間の平均値 0. 5位] 129,584 t - 26,400 ha - 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 7位:梨(3,354g)• 4位] - 485千本 189 a - 2016年度までの過去5年間の平均値 0. 7位] 9,997 t 8,719 t 723 ha 1,390 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 2. 5位] 2 t 1 t 1 ha 393 kg 2016年度までの過去2年間の平均値 0. 3位] - 599千本 478 a - 2006年度までの過去3年間の平均値 14. 25位: さいたま市(76,342g)• 長野県でランキング上位の野菜は「エリンギ」「えのきたけ」「セロリ」「ズッキーニ」「つけな」「わさび(水わさび)」「パセリ」「レタス」「しめじ」などです。 8位] 302 t 250 t 14 ha 2,067 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 8位] 2,281 t 1,960 t 105 ha 2,163 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 1位] - 12,729千本 854 a - 2013年度までの過去10年間の平均値 3. 17位: 青森市(77,854g)• 1位] 2,980 t 2,655 t 2,903 ha 102 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 14. 7位] - 1,350千本 362 a - 2006年度までの過去3年間の平均値 6. 4位] 810 t 729 t 61 ha 1,315 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 5位の 山梨県は、 ぶどうと ももの収穫量が全国1位で 扇状地での果樹栽培がさかんです。 2位] 322 t 204 t 25 ha 1,280 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 1. 5位] 224 t 42 t 26 ha 835 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 3位] 288 t 199 t 19 ha 1,453 kg 2016年度までの過去3年間の平均値 0. 6位] - 10,747千本 3,914 a - 2016年度までの過去7年間の平均値 0. 3位:みかん(9,476g)• 3位] - 2,333千本 558 a - 2006年度までの過去3年間の平均値 7. 2位] 547 t 439 t 34 ha 1,592 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 7位] - 685千本 96 a - 2006年度までの過去3年間の平均値 1. 品目別では、うんしゅうみかんとりんごで果実産出額の4割程度を占めています。 7位] - 10,536千本 9,520 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 8. 8位] 95 t 65 t 6 ha 1,490 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 9位] 1,743 t 1,452 t 2,283 ha 76 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 7. 6位] 563 t 477 t 95 ha 568 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 1位] 840 t 574 t 76 ha 1,102 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 輸入品は加工品向けに使われるが傾向が強いようです。 33位: 甲府市(74,518g)• 4位] 2,325 t 1,157 t 67 ha 3,448 kg 2016年度までの過去11年間の平均値 0. 12位: 秋田市(80,407g)• 6位] - 67千本 125 a - 2016年度までの過去5年間の平均値 0. 4位] - 1,581千本 1,145 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 3. 46位: 札幌市 (65,653g)• 5位] 51 t 35 t 3 ha 1,512 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 1位: 福島市 (92,668g)• 2位] 3,066 t 2,640 t 237 ha 1,367 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 1. 4位] 7,587 t 6,391 t 895 ha 844 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 13. 5位] 4 t 4 t 2 ha 198 kg 2014年度までの過去2年間の平均値 0. 果実の需要は、全体の約4割を国産品で、約6割を輸入品となっています。

>

果物の消費量ランキング2019年 〜日本と世界の動向〜

8位] - 4,344千本 784 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 1. 2位] 2,680 t 2,293 t 65 ha 4,075 kg 2017年度までの過去12年間の平均値 1. 5位] 9,759 t 6,560 t 242 ha 4,016 kg 2018年度までの過去11年間の平均値 0. 近年、日本の果物は海外でその美味しさで高い評価を受けて、特に中国や香港の富裕層向けに高級品の輸出が増大しています。 特に、千葉・茨城・栃木の関東三県では、首都圏の大消費地を控えて、生産ベスト3になっています。 バナナが圧倒的に多い理由として「旬を問わず買うことができる」「安い」「手軽に食べられる」などが考えられる。 「面積が一番小さい都道府県は?」 には答えられるでしょうか。 8位] 7,406 t 3,813 t 264 ha 2,801 kg 2016年度までの過去11年間の平均値 0. 5位] 15 t 13 t 1 ha 1,074 kg 2014年度までの過去2年間の平均値 0. 5位] 15 t 13 t 3 ha 500 kg 2014年度までの過去2年間の平均値 0. 3位] 44,676 t 40,076 t 847 ha 5,267 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 10. 2位] 1 t 1 t - 912 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 嗜好性が強く、菓子やスーツと競合しています。 34位: 津市(74,218g)• 2位] 2,731 t 1,902 t 90 ha 3,002 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 1. 受験対策で活用してください。 5位] 21,884 t 16,469 t 1,657 ha 1,320 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 12. 47位: 静岡市(65,532g)• 35位: 鹿児島市(72,488g)• 最終的にほとんど私がネットで情報収集し、データを長女が紙にまとめて研究発表は無事完成、ということがありました。

>

[千葉県] 雑穀類, いも類, 野菜, 果物, 花き 生産量

労働集約型の農業であり、海外の大規模生産の果物とは質や価格では大きな違いを見ます。 8位] 279 t 208 t 36 ha 775 kg 2018年度までの過去6年間の平均値 3. 1位] 8,550 t 7,097 t 260 ha 3,286 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 49位: 神戸市 (64,439g)• 4位] 2,545 t 2,314 t 98 ha 2,655 kg 2018年度までの過去7年間の平均値 0. 7位] - 220,273千本 67,540 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 3. 4位] - 2,238千本 1,218 a - 2016年度までの過去5年間の平均値 0. 2位] 2,990 t 2,375 t 146 ha 2,071 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 5位] 606 t 444 t 66 ha 923 kg 2018年度までの過去8年間の平均値 0. では、• 8位] 42 t 20 t 3 ha 1,217 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 4位] 14,607 t 13,569 t 568 ha 2,555 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 2. 7位] - 9,463千本 1,630 a - 2018年度までの過去15年間の平均値 6. 8位] 235 t 123 t 19 ha 1,215 kg 2016年度までの過去4年間の平均値 0. 2位] 2,758 t 2,396 t 141 ha 1,939 kg 2018年度までの過去13年間の平均値 0. 4位] - 1,653千本 2,876 a - 2018年度までの過去11年間の平均値 0. 7位] 69,792 t - 20,923 ha - 2018年度までの過去13年間の平均値 7. 8位] - 2,798千本 750 a - 2016年度までの過去5年間の平均値 2. 海外の果物は大規模に大量生産されますが、日本の果樹は高い付加価値をつけていく高級志向を目指しています。 また、野菜の名前を クリックすると、各都道府県ごとの割合(シェア)がわかるページに移動します。 8位] 1,188 t 865 t 86 ha 1,377 kg 2016年度までの過去11年間の平均値 0. 古代には、果物の日本のお菓子(スーツ)の主体であり、水菓子と呼ばれていました。 。 。 。

>

長野県の野菜ランキング|野菜統計

。 。 。 。 。 。

>