フロン 規制 の 物語。 代替フロン(HFC)の課題と今後の展望(低GWP化)について

フロン排出抑制法とは?

具体的には次のようなことに注意してください。 1970年代にが問題化すると、フロン類はその原因物質とされ、のやのにより、製造及び輸入の禁止が決定された。 参考) 地球温暖化に二酸化炭素が大きく影響していることはよく知られています。 充塡証明書・回収証明書不要の登録制度(情報処理センター機能)• 2012年秋から、ダイキンを手始めに、R32の製品が発売され現在は殆どのメーカー品の主流になっています。 多くの機器を所有されている管理者の方に最適です。

>

フロン排出抑制法とは?

参考: <取材協力:経済産業省 文責:政府広報オンライン> この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? Q1. 法改正により、 業務用のエアコン・冷凍冷蔵機器等の管理者が、機器を捨てる際にフロン類を回収しなかった場合、行政指導などを経ることなく、即座に罰金が科せられることとなりました。 企業は今後、どのように対応すべきでしょうか。 例えば家庭用エアコン、カーエアコン、断熱材など、オフィスや店舗などのエアコンや業務用冷蔵冷凍庫、冷蔵冷凍ショーケース、自動販売機などです。 現地の使用状況から最適なエアコン工事のご提案をさせていただきます。 20世紀最大の発明の一つとされていますが、その理由はそれまで冷媒に使われていたアンモニアや亜硫酸ガスには毒性・可燃性があったのに対して、CFCは無害・無臭・不燃だったためです。

>

冷媒ガスの種類

に掲載された一連の物質を指して「フロン類」という言葉が使用される場合もある。 (一般財団法人日本冷媒・環境保全機構が作成) 最後に 社会生活を営むうえで冷凍空調機器の存在は不可欠です。 一般に無色・無臭で、熱的・化学的に安定。 すでに1995年末で全廃となったフロンガスがありますが、現在使用されている 代替フロンHCFC(R-22)も規制対象となっており、2004年には生産の総量規制がとられ、 2020年には生産全廃となります。 これにより CFC の代わりとしてオゾン層を破壊しにくい HCFC や HFC がとして利用され始めた。 フロン回収・破壊法が改正され、「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」(略称「」)として平成27年4月1日から施行されました。

>

フロン排出抑制法とは?

しかし、代替フロンに転換されることで、オゾン層破壊については一定の抑止成果が見られたものの、今、新たな問題点として、代替フロンの温室効果への影響が非常に強いことが判明しています。 その後、2016年のモントリオール議定書の改正(キガリ改正)を受け、日本では2018年に【オゾン層保護法】が改正され、代替フロンの製造及び輸入を規制する等の措置を講じることになりました。 この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? Q3. そこで、特定フロンから、オゾン層を破壊しない「代替フロン」へ転換が進んでいるが、「代替フロン」には、温室効果が高いという新たな課題が確認されている。 大気中の二酸化炭素の濃度が高まると、大気から熱が逃げにくくなって温室のようになり地球温暖化につながります。 現在使用している機器について、フロン排出抑制法に従い、フロン類の漏洩を防ぐなど適切な管理を行うこと。

>

フロン類

しかし、1980年代以降、当時使われていた「特定フロン」が、有害な紫外線から私たちを守ってくれるオゾン層を、破壊する効果が分かったことから、1990年代以降は、オゾン層破壊効果のない「代替フロン」が広く使用されるようになりました。 個人情報の利用目的 株式会社エコ・プラン 以下「当社」と言います は、「お問い合わせ」画面で取得する個人情報を以下の目的でのみ使用いたします。 特定フロンは、先進国では2020年までに、途上国では2030年までに原則全廃されることになっています。 フロン類の回収が確認されない機器を引き取った廃棄物・リサイクル業者に対し、即座に50万円以下の罰金を科す。 当初は、従来の冷媒より高価なものでしたが、1930年代の終わりごろまでに、米国内の冷媒として普及し、先進国では、1960年代以降爆発的に消費量が増大しました。 フロンラベルでは次の3種類の情報が示されます。 クロロフルオロカーボン(CFC) CFCは、1920年代に米国で開発され、1960年代以降、先進国で急激に消費が増えたフロン類です。

>

あらためて今、「フロン」の問題を知り、「フロンラベル」を製品選びのご参考に!

お申し込みは ご存知ですか?「RaMS」冷媒管理システム RaMS(ラムズ)とは、フ ロン排出抑制法の遵守に関する状況をクラウド上で簡単・確実・効果的に管理把握するための情報ツールです。 漏洩防措置の徹底、故障機器は修理完了まで原則フロン類の充填を禁止。 3、最後に 今後、R22冷媒が入手困難になり、修理が出来ないという事が予測されます。 特定フロンとは、モントリオール議定書で特にオゾン層破壊に影響が強いとされたフロン類を指す。 二つ目は、その製品に使われているフロン類の「地球温暖化係数」(下図の(2))で、数字で示されます。 故障したら速やかに修理をする、機器を廃棄する際はルールにのっとって適切に処理する、ということです。 各種点検の徹底。

>

冷媒ガスの種類

オゾンは有害な紫外線を吸収し、地上の生態系を保護するとともに、地球の気候の形成に大きく関わっています。 < 参考文献等(気候変動枠組条約・京都議定書についてはこちら)> ・ ・ ・ ・ 「環境・持続社会」研究センター(JACSES) 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-3-2 三信ビル401() Phone: 03-3556-7323 Fax: 03-3556-7328 Email: Copyright JACSES All Rights Reserved. 1928年、GM はフロン12の開発に成功し特許を取得。 しかし、モントリオール議定書ではでの使用はまだ認められており、問題となっている。 そして買い替える際は、なるべく環境への影響が少ない製品を選ぶよう心がけることも重要です。 HFC32はHFC410Aと比較して、温暖化係数が低く、エネルギー効率が優れていることから、温暖化効果ガスを 抑制できます(HFC32は、微燃焼性があり取り扱いは注意を要します) ・R32冷媒の特徴 家庭用ルームエアコンに、2012年11月より、ダイキンが一部の機種に、HFC32(R32)の冷媒ガス品を発売してから 他のメーカーも追従して発売されてきました。 企業活動においても極暑の時期にエアコンがなかったことを想像はできません。 冷蔵庫やエアコンなどを選ぶ際のご参考に、お役立てください。

>

2020年の改正フロン排出抑制法とは? フロン類を回収しないと罰金対象に

地球温暖化係数(GWP)一覧 分 類 冷媒番号 地球温暖化係数 主な用途 CFC R11 4,750 ターボ冷凍機 R12 10,900 ターボ冷凍機、業務用除湿機 R13 14,400 化学プラント、実験装置 R113 6,130 R114 10,000 輸送機器用空調機 R115 7,370 R500 8,080 輸送用冷凍機(トラック、鉄道、船舶用等) R502 4,660 コンデンシングユニット等 HCFC R22 1,810 パッケージエアコン(ビルマル含む)、GHP、スポットクーラーR123 77 ターボ冷凍機 R123 77 ターボ冷凍機 R124 609 HFC R23 14,800 化学プラント、実験装置、スクリュー冷凍機 R32 675 R134a 1,430 輸送用冷凍機(トラック、鉄道、船舶用等),ターボ冷凍機 R143a 4,470 R152a 124 R245fa 1,030 ターボ冷凍機 R404A 3,920 冷凍冷蔵ユニット、別置型ショーケース、製氷機、業務用冷蔵庫、自動販売機、チリングユニット、輸送用冷凍機(トラック、鉄道、船舶用等) R407C 1,770 パッケージエアコン(ビルマル含む)、GHP、スポットクーラー、業務用除湿機、冷凍冷蔵ユニット、別置型ショーケース、チリングユニット、輸送機器用空調機 R407E 1,550 スクリュー冷凍機、コンデンシングユニット等 R410A 2,090 パッケージエアコン(ビルマル含む)、業務用除湿機、チリングユニット、輸送機器用空調機、コンデンシングユニット等 R507A 3,990. 京都議定書では、 ・先進国の温室効果ガス排出量について、法的拘束力のある数値目標を各国ごとに設定 ・代替フロン等3ガス(HFC、PFC、SF6)を規制対象ガスとすること(附属書A) ・基準年を1990年とすること(代替フロン等については1995年とすることも可能) ・2008年から2012年の5年間を第1約束期間とすること ・目標達成に向けた柔軟性措置として、共同実施(第6条)、CDM(第12条)、国際排出量取 引制度(第17条)を設けること 等について、記載しています。 HFC410A(R410A)の工具はそのまま使えますが、飽和温度は若干 高めになり運転ガス圧もわずかに高めになります。 ) また、最近「2020年以降にR22(HCFC一種)の使用は禁止されるとの説明から、機器の入れ換えを迫られた」という話が多くなっているようです。 「環境・持続社会」研究センター(JACSES) フロン対策の歴史 (1)フロンの誕生とフロンの用途、環境への影響の歴史 フロン類は、米国ミジリー博士が、冷蔵庫等で使用されていた、毒性・可燃性をもつ冷媒に代わる物質として、1920年代に開発したものです。 そのため、「モントリオール議定書」(1987年採択)にて、CFCに続き、HCFCも段階的削減が合意事項とされています。

>