明智 憲 三郎。 佐竹氏

明智憲三郎氏の説のこと

その想いだけでした。 他サイトご利用の際にはご留意願います。 は城攻めの際、敵が降伏するのを待つ作戦を得意としていたが、時には皆殺しも必要と言ったのを受けて、豊臣に降伏していた元北条家臣の らを先頭に1590年6月23日深夜又は早朝より、豊臣勢は八王子城を攻撃開始。 正純はの一角でさびしく生涯を終えたという。 ちなみに、徳川家康が江戸に入ってから、大量虐殺のたたりを恐れ、八王子城一帯は幕領として立入禁止の禁制地として幕末まで続いた。

>

明智憲三郎著「明智家の末裔たち」光秀の末裔が語る子孫たちの姿

速い記録もある 一部で行軍が速い例もあるのでご紹介しますと、慶長5年、の前に(兵数30,000)が江戸から清須まで移動した例があります。 庶流としては、にに仕えたが木田氏の一族の後裔と称したほか、『』ではの庶流の系譜を木田氏に連ねるものともしている。 光秀が家康を協力者にすることは不可能である。 子供のころに祖父から次のような話を聞かされました。 安土放火犯の史料 2015年に出版された『一族 三宅家の史料』にはの子孫による覚書(江戸中期成立)が残されています。 本書でもこのあと一部ダイジェストでご紹介しますし、詳細は既刊書籍やWEB「」などをご参照ください。 これは、歴史的大発見であり、 これまでの定説を覆しても余りある 証拠資料であろう。

>

八王子城落城の悲劇 (八王子城の戦い)と横地監物館跡

土屋五郎左衛門、坂本四郎左衛門らも守った。 は200kmを3日で移動• 「我らは上様の命により、謀反を企む徳川殿を討つべく、西国行きの行軍を取り止め、これより転進して京へ向かう」などと。 光秀の子孫というだけで「裏切り者」と冷やかされる人生を送って来たことなどが述べられていました。 何日にもわたって四六時中考え続けたのですが、答が見つかりません。 次に「御主殿」の曲輪が攻め込まれたようで、御主殿に待機していた の妻や侍女などが、御主殿の滝に身を投げたと言い伝えられており、三日三晩、川は血で赤く染まったという伝説が残る。 いろいろな仮説を設定して検証しましたが、いずれも説明が付きません。

>

佐竹氏

著者はこの四国説をも取り扱いながら、もう一段積み重ねるという形で真相を語っています。 「五十日・百日のうちには近国の儀相堅むべく候間、 其れ以後は十五郎与一郎殿など引き渡し申し候て、何事も存ずまじく候。 しかも右近は6年の謀反の際にも村重の組下でしたが、とともに信長に帰参しています。 処遇の際、が「大大名の佐竹氏には出羽一国でなければ家臣を賄いきれず変事が起きるかもしれない」と進言したが、家康の側近だった・親子に「出羽一国を与えるのでは常陸と変わらないから半国でよし」と決められてしまった。 それは大変残念なことですが、当時まだ少年だった父は猛火に包まれた東京の下町から脱出することにより、何よりも大切な命を私までつなげてくれたのです。

>

明智憲三郎

どの資料を見ても、明智軍の歩みが一度でも滞ったといった記述は見えない。 それまでの研究は、軍記物の記述に基づいて推理を展開した本ばかりだったのです。 世人も、おおむね同様であったろう。 ひとつは、拙著や拙著を原案にした藤堂裕先生のコミック『信長を殺した男』が、多くの方に支持いただけたこと。 凭一个明智足轻的猜测当定论:因为有参加过本能寺之变的明智方士兵回忆录说当时没想到是杀信长,以为是去杀家康的。

>

八王子城落城の悲劇 (八王子城の戦い)と横地監物館跡

また東門の東側は淀川まで湿地帯を含めて広い土地があり、川沿いをが進軍しました。 これは昔からあった説ですが、過去の説では父親を徳川家康としていましたが、著者は父を秀忠だとしています。 信長の監視下にある安土において、光秀と家康が二人きりで話し合うことはリスクが大きく、非常に困難である。 光秀がこのような行動を起こしたのは、信長の唐入り構想で一族が大陸へ送られることに不安を感じていたとしています。 は言うまでもなくのであり光秀につくはずもなく、さらに勝家から連絡があったことで摂津衆の連携は強化されたと想像できます。

>