首相 動静。 首相動静(12月5日):時事ドットコム

首相動静 30日:朝日新聞デジタル

各社も同様の取材をしていて、全国紙はどこも2面か3面に小さな「首相動静」を掲載している。 同29分から同46分まで、参院の、正副議長、議運委員長、与野党各会派にあいさつ回り。 同56分、官邸着。 活動時間は、ホテルの会員制バーなどでの連夜の会合が報じられた麻生太郎氏に次いで2番目の長さだった。 午後8時3分、同ホテル発。 就任1カ月間の、首相動静上の活動時間は1日平均12時間6分。 【午後】0時55分、国会。

>

首相動静 8日:朝日新聞デジタル

氷見野良三金融庁長官同席。 菅首相は就任1カ月間で計650回を超える面会を重ねた。 同53分、執務室を出て 内閣危機管理センターへ。 同47分、官邸着。 概要 [ ] 日本では(首相)が自宅(通常は)外出、での執務、審議対応、視察訪問、重要人物(対象は政権、与野党政治家、ジャーナリスト、外国政府要人など)との公式会談、メディア取材会見、プライベート色が強い外出、自宅への帰宅などが、分単位の時間で全部記録されて主要新聞に掲載されることによって、前日の行動が毎日公開されている。 ただ首相動静の記事は、お世辞にも面白くなく無味乾燥と言ってもいい。

>

菊池桃子の官僚夫に復活の兆し 50日ぶりに「首相動静」登場

同5時から同9分まで、北村滋国家安全保障局長、山田重夫外務省総合外交政策局長、防衛省の島田和久事務次官、山崎幸二統合幕僚長。 8時17分、藤井氏が出た。 午前8時15分、同ホテル発。 『とにかく総理にくっつけ』と言われたね。 25分、執務室。 同4時6分から同10分まで、副総理兼財務相。 11時54分、決算委休憩。

>

読売「首相の一日」と朝日「首相動静」を読み比べて分かってしまった“あの人の不在”

52分、「活力ある地方を創る首長の会」会長の鈴木康友浜松市長、会長代行の佐竹敬久秋田県知事、事務総長の鈴木英敬三重県知事、事務局長の樋渡啓祐元佐賀県武雄市長。 このほか、共同通信は「社内記録では1978年4月1日から首相動静が残っている。 1967年6月末に報道12社の編集局長が代表取材とすることに合意したのがはじまりだが、これは総理を追いかける車でたびたび事故が起きたことが理由である。 緊急災害対策本部に出席。 敷地内を散歩。

>

首相動静 8日、9日:朝日新聞デジタル

同50分、官邸着。 11時58分、官邸。 午前11時30分から同39分まで、自民党選対委員長。 宴会場「メイプル」で自民党の末松信介、公明党の秋野公造両参院国対委員長らと食事。 44分、岡田氏出る。 3時55分、官邸。 午後6時31分、東京・紀尾井町のホテル「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」着。

>

読売「首相の一日」と朝日「首相動静」を読み比べて分かってしまった“あの人の不在”

56分、自民党総裁室。 午後4時5分、同センターを出て執務室へ。 官邸の敷地内を散歩。 午前7時51分から同56分まで、総合海洋政策本部会合。 」「3時8分、官邸。

>

首相動静 8日:朝日新聞デジタル

同25分から同36分まで、同党の二階幹事長、幹事長代理、政調会長。 政局が大きく動く時などは手分けをして見張ることもあるが、通常のルート以外を使う人は直接見ることが難しく、使われる車のナンバーを確認するだけということも。 NHKでもウェブサイト上に「総理、きのう何してた?」というコーナーで日々更新している。 自民党の、公明党の両参院国対委員長同行。 国産車は昔は遅かったから。 午後8時27分、執務室を出て 内閣危機管理センターへ。

>

首相動静(11月29日):時事ドットコム

執務室。 同35分から同37分まで、西村経済再生担当相。 7時24分、全員出る。 同38分から同50分まで、官房長官。 いつの時代でも、いい情報を取るためには信頼できる人を作って、それを裏切らないことです。 27分、自民党本部。

>