Line 新型 コロナ 対策 の ため の 全国 調査。 LINE、「新型コロナ対策のための全国調査」31日実施 全ユーザー対象

第1回「新型コロナ対策のための全国調査」の結果及び第3回「新型コロナ対策のための全国調査」の実施のお知らせ

ここはPMとしてずっと大切にしていきたいですね。 iPhoneのVoiceOver機能を利用される方は、以下のページをSafari で開いてご参加ください。 新型コロナ感染予防のためにしていることでは、「手洗い・うがいやアルコールによる手や指の消毒をしている」と回答された方が85. なので、こういった部分にも配慮して、必要な項目だけにして負荷を下げるようにしています。 ただし、時間が限られていたため、システム全体を再現してのテストではなく、1ホストに対してのみ簡易的なテストを実施しました。 とりあえず突き進むしかない。 LINEは、厚労省との協定に基づき、第5回「新型コロナ対策のための全国調査」を8月12日~13日に実施する。 コアメンバーを少人数とすることで、開発を素早く進行できると考えました。

>

第1回「新型コロナ対策のための全国調査」の結果及び第3回「新型コロナ対策のための全国調査」の実施のお知らせ

ご協力ありがとうございました。 ここまでの3段階で必要な機能の実装は完了しました。 ・定例ミーティングを設定する ・午前中のミーティング内容を元にTodolistを洗い出して関係者に発信する 正直、具体的な内容を固める時間は全くありませんでした。 また、協定では「健康等情報」として何を取得するかという特定はされていません。 都道府県別では、12の都道府県の結果に統計的な有意差が見られ(岩手県、埼玉県、東京都、神奈川県、新潟県、大阪府、兵庫県、鳥取県、岡山県、香川県、高知県、福岡県)、岩手県のみ第1回調査時と比較して高い発熱割合が見られました(第1回:0. 加えて4月7日に7都府県で緊急事態宣言の発令に至ったように、とくに3月下旬から感染者数の増加が加速していました。 あわせて、各自治体において開設されている個別のパーソナルサポート用のLINE公式アカウントも開設しております。 結果2 現在最も新型コロナウイルス感染症者数の多い東京都において、最も発熱者数の多かった地区(上位20郵便番号区を抽出)のみの分析でも、結果1と同様の傾向が認められました(表2)。

>

LINEの「コロナ全国調査」は一体何に使われる?

過去にはSmart Channel、LINE広告、LINEポイントなどの開発にも参加していました。 たとえば、アンケートで職業を聞く項目があったのですが、一般的な職業ですが、はじめの案では項目にない業種があって。 (スライドを指して)こちらは調査1日目におけるIDトークンの検証処理で発生した遅延の推移です。 しかし、社内では広告プラットフォームのイベントログを受け取るサーバーなどが同様のアプローチを取っていて、実績のある仕組みだったため採用しました。 2つ目は約2,500万。 我々は新型コロナ対策のための全国調査を開発期間3日、仕様策定やQAを含めた準備期間6日で実施しました。

>

LINE、第2回「新型コロナ全国調査」を4月5日~6日実施

シンプルな設計がもたらしたもの 今回の調査を最初に立てた方針から振り返りたいと思います。 また、調査回答は約2450万人と全ユーザーの3割弱とそれなりの数に上っていますが、新型コロナの問題に何らかの理由で関心のある人が多く回答する傾向にあると思われるので、一定のバイアスが調査結果のデータには存在します。 「リリース日は決まっていないが一刻も早く」というプロダクトをリリースする機会ってそうそうないので、かなり手探りでした。 まず感染拡大の状況に対していち早くデータを集める必要があったため、可能な限り早くシステムを構築しなければなりませんでした。 会話の中から「何かしらキャッチアップしなければ」という気持ちがすごい強かったので、一言一句、ひたすらメモをとりまくったことを覚えています。

>

LINE、第2回「新型コロナ全国調査」を4月5日~6日実施

最終的な調査結果としては各ログのリクエストが正規のものであるかを確認し、不正なリクエストについてはフィルターする必要があります。 第一段階では、回答データであるアクセスログはアプリケーションサーバーの各ホストのディスク内に書き込まれています。 この用途以外で調査結果を利用することはなく、調査に回答したデータは統計処理され、個人が特定されることはありません。 5度以上の発熱が4日間以上;グループの定義は本文参照 図1:職業・職種グループ別の発熱者の割合(%)の47都道府県散布図 発熱者=37. 何を「健康等情報」として取得するかについては、厚生労働省に意見を求めることができるともあります。 【第5回 新型コロナ対策のための全国調査 回収結果速報】 *詳細はこちらをご確認ください。 そもそも、どのような状態になったら収束となるのか自体が不明なので、一定期間、場合によっては長期間保存されるようです。 6日間の準備期間には仕様や調査内容の策定から、リリース前に必要なQAまでのすべての作業を含んでいます。

>

【新型コロナウイルス対策】厚生労働省とLINEが行う全国調査とは?|LINE使い方完全ガイド

今日の日本の状況下においては、「家にいること」、「不要不急の外出を避けること」が、新型コロナウイルスの感染リスクを低減し、他者に感染を広げない最善の行動様式である• 少数精鋭で素早い開発スピードを可能に (スライドを指して)こちらがプロジェクト開始から調査実施までのタイムラインです。 有効回答者数:23,779,431人 回答率28. 「はい」と答えた割合が最も高かった職種はいずれもタクシードライバーだった。 また、取得した情報は本目的における分析・調査の終了後、速やかに破棄されます。 発行されたIDトークンは公開鍵を使って内容を検証することで、正規の発行元から発行されたトークンかどうかわかります。 これにより、市中で発生している無症状の感染者等の情報を検知し、有効な対策に繋げようとしています。 公式の調査と偽調査の見分け方 厚生労働省とLINEが実施中の調査は、LINEの公式アカウントからメッセージが届きます。 調査結果に関するご案内 調査へのご協力、誠にありがとうございます。

>

LINEが「新型コロナ対策」の全国調査を実施!厚生労働省に提供

この背景には東日本大震災の際に大切な人と連絡を取りにくかった人たちが多かったことから、スマホのコミュニケーションアプリとしてLINEアプリが2011年6月に誕生したことが影響している。 新型コロナ対策のための全国調査を装った詐欺に注意! 厚生労働省は3月31日、「新型コロナ対策のための全国調査」装った詐欺に注意するよう呼びかけています。 3つ目は、まったく新しいシステムを開発する方法です。 1つの目安として過去の大規模なキャンペーンで秒間25,000リクエストの実績があったため、この値の2倍の秒間5万リクエストを基準とし、50インスタンスを事前に用意しました。 パフォーマンステストの効果 メッセージの配信システムを改修することも検討しましたが、今回は配信を手動でコントロールすることにしました。 このようデータを具体的に何に使うのか、政策判断や状況判断のどういう場面で使われているのかを明らかにすることは必要です。 まず最小限の仕様でシンプルなシステムを作るという点については、機能を絞り込むことでnginxだけでリクエストを処理する実装に落とし込むことができ、高いパフォーマンスと安定性を担保できました。

>

LINEを通じた「新型コロナ対策のための全国調査」、8月12日~13日に第5回実施

感染拡大対策のためにデータが求められている中、我々としてできることを検討した結果、全国調査を実施することにしました。 最後にfluent-plugin-mysqlというプラグインでLTSVとJSONの中から必要なフィールドをインサートします。 これによりfluentdからMySQLにインサートする部分についてもアクセスログを保存する部分と同様に設問内容の変更に強くなっています。 ここで本調査に関する3つの数字をしたいと思います。 伝わりやすさはプロダクトとしてこだわってますね。

>