医療 相談 電話 無料。 がん相談ホットライン

さいたま市/医療安全相談

医療に関する患者・家族等からの苦情や相談等をお伺いし、関係機関との橋渡しを行います。 電話健康相談(以下、「本サービス」といいます。 脳梗塞• 肘頭滑液包炎• 帯状疱疹• あらかじめご了承ください。 終了時期は未定です。 詳しくは以下の比較でご確認ください。 胃食道逆流症(GERD)• 脳卒中・予防治療• また、救命救急センターに勤務する 「現役の救急専門医」が24時間365日常駐し、相談業務の監視や看護師へのアドバイスを行っております。 筋無力症• 心療内科• この度、府民の皆さんにとって、よりわかりやすいものとするため、親しみやすい愛称を公募しましたところ25件の御応募をいただき、選定委員会により「医療ほっとあんしん相談」に決定しましたのでお知らせします。

>

がん相談ホットライン

、、にある医療機関に関する内容は、各市医療安全相談窓口へ御相談ください。 乱視(正乱視、不正乱視)• 耳管狭窄症、耳管開放症• 排尿障害・骨盤臓器脱(女性)• 「医療サポート24」サービスをご利用いただけるのは@T COM(アットティーコム)のインターネット接続サービス会員のみとなります。 相談内容について 今までの相談事例• 本サービスで回答した内容をもとに、ご相談者様がとられた行動やその結果に関して、本サービス運営者は一切の責任を負わないものとします。 髄膜腫• 角膜潰瘍• 日本脳炎その他のウイルス性脳炎• 手における変形性関節症• 育児・栄養相談サポート 子育て、食の情報をご提供! ご相談・ご質問の一例• 水疱性類天疱瘡• 膀胱尿管逆流現象• 相談内容によっては、より適切な相談窓口をご案内します。 医療内容のトラブルについては、相談者ご自身が解決するための助言は行いますが、医療機関への調査や交渉などの介入はできません。 しかし、先生から聞いた説明を思い出し、お話をなさるうちに、治療に対するご自分の気持ちに気づいたり、考えが整理されてきたりすることがあります。 。

>

都庁の相談・窓口案内/健康・医療|東京都

また、急な病気やけがをしたときにも便利です。 ご相談したい診療科目によっては、応じられない場合があります。 咽頭炎• 不妊症・不育症• 高血圧に関するオンライン診療(提携医療機関が実施)• スポーツの痛み• アルツハイマー病• 耳鳴り• 令和2年 2020年 6月3日更新 都庁の相談・窓口案内/健康・医療 案内 医療機関案内 電話 03-5272-0303(毎日24時間お問い合わせの時間に診療を行っているお近くの医療機関を、コンピュータによる自動応答サービスでご案内します。 ネフローゼ症候群• 胃・十二指腸潰瘍• 高額療養費制度をご存知でしょうか。 足のトラブル• さかさまつ毛、さかまつ毛(眼瞼内反・睫毛内反、睫毛乱生)• 社交不安障害• チョコレートのう胞• こんな時お電話ください。

>

さいたま市/医療安全相談

出産~産後• 脳動静脈奇形• 高血圧• 縦隔腫瘍• 子宮内膜症• 市や広島県、商店街の関係者たち約20人が出席。 お手紙 〒650-8570 神戸市中央区加納町6丁目5番1号神戸市役所1号館 神戸市保健所医務薬務課医務係内「医療安全相談窓口」あて FAX 078-322-5839 なお、令和2年2月17日(月曜)より番号が変更になっております。 当協会ではがん専門医による無料相談も実施しています。 心房細動• 専門医との相談 治療に迷うとき、セカンドオピニオンなど専門医と相談できます。 神経ベーチェット病• 医療相談窓口のご案内 京都府医療安全支援センター「医療ほっとあんしん相談」の紹介 京都府医療安全支援センターの愛称を「医療ほっとあんしん相談」に決定しました。

>

千葉県医療安全相談センターのご案内/千葉県

本サービスに関連するいかなる変化・影響に関しても、本サービス運営者は一切の責任を負わないものとします。 成人のアトピー性皮膚炎• 水痘(みずぼうそう)、帯状疱疹• 関節リウマチ• 旅行先で体調を崩したので、一番近い病院を知りたい。 さまざまな薬に関するご相談をお応え致します。 治療方針や診断などの医療の是非の判断に関するご相談などは、必要に応じて専門医に受診されることをお奨めします。 できるだけ、そのような場所に行くことを避けていただき、やむを得ない場合には、マスクをするとともに、換気をする、大声で話さない、相手と手が触れ合う距離での会話は避ける、といったことに心がけてください。

>

医療サポート24|@T COM(アットティーコム)

さらにがんと闘う患者様とそのご家族が抱える問題にも向き合う専門スタッフがサポートします。 本サービスの個人情報の取り扱いは「」をご参照ください。 その他(肩・背・腰)• どうぞご利用ください。 咽頭がん• 胆のうがん・胆管がん• 腎臓の病気• 硝子体出血• 月経の悩み• 免責事項• 治療方針や診断などの医療の是非の判断に関するご相談などは、必要に応じて専門医に受診されることをお奨めします。 がんと闘う患者様やご家族には、精神的な負担がかかります。 高齢者の毎日の体操・腰痛• 神経芽細胞腫• 薄毛の悩み• 男性と接触した可能性のある常勤役員と職員の計13. また、難しい言葉を分かるように説明してもらいましたか。

>