軽 キャン バロッコ。 【保存版】車中泊にもぴったりな軽キャンピングカー9選をご紹介します‼︎

軽キャンピングカー【バロッコ】我が家の最終オプション

COBBY 4位 Lunentta ルネッタ バンテックセールス ルネットはスズキのエブリイバンワゴンをベース車両としている軽キャンピングカーです。 軽トラがベースですが、運転席・助手席のシートも換装されているので長時間の運転でも疲れることがありません。 車両保険に入る場合、ネットなどでわかる販売価格 と 中古になって流通してる 価格、8ナンバー登録か 4ナンバー登録か などで、入れる価格は、決まって くるようです。 あくまでも軽バン・ワゴンをベースにしたバンコンタイプの軽キャンパーの話になるが、今回は自らの実体験で感じた 「軽キャンパーの本音」をお伝えしたい。 すわってみると、ここも同じく壁の木版が後頭部に当たり、背もたれに背中が当たりません。 軽自動車なだけに車体が小さく、高さ制限のある駐車場にも入ることができるので、街中でも乗りやすいというメリットがあります。 リアバゲージドア追加(51,840円)• バックカメラ 持ち込み取り付け• さらにそれぞれにMT車とAT車が用意されていて、AT車のほうが高い価格設定。

>

軽キャンピングカー(軽キャブコン)おすすめ10モデルを徹底比較

ベッドは、格納した純正リアシートの上に分割マットを敷く仕組み。 ナビ持ち込み取り付け(54,000円)• 道の駅の利用が多い• 気軽に一人旅:ペットと一緒でもOK!• ボディカラーも8色が選択可能になりました。 見てください。 これは、ほかのどのカテゴリーのキャンピングカーにも真似できない、軽キャンパーならではのアドバンテージだ。 持ち込みにしたのは単に予算の関係です。 「高断熱」「高強度」のハイドロバックパネルを採用し製作しているので、 夏場も快適かつ耐久性にも優れているので、長期間使用しても劣化しにくいボディです。

>

ホントのところ使い勝手はどうなの!? 実体験で語る「軽キャンパーの本音」|キャンピングカースタイル

あとは税金や車検(軽自動車ナンバー取得可能車の場合)、燃費などを比べても普通車キャンピングカーよりも断然安いです。 シェルは軽量化が図れるアルミパネルで構成されており、ブラインド機能付きのを装備。 装備 先ほど紹介したように、バロッコは初代と2代目でベース車両が異なります。 新しいのは、白い枠がなくなるらしいですね。 100Vポータブルクーラー(「サイクルキャリア」または「リアボックス用ステー」選択時のみ)(「冷蔵庫まわりフラット加工」選択時は取り付け不可)(162,000円)• 車のオプションで、ソーラーパネルやシャワーの蛇口などを設置すればキャンピングカーとしての機能性は更に高まります。 理由としては• ベース車:ハイゼット エクストラ• あとはマットを敷き詰めるだけで、写真のようなベッドのできあがり。 10:サイクルキャリア サイクルキャリアとしての使用頻度は低いですが、 荷物が多い時は、トランクを載せて運んでいますので、 取り付けておいて良かったと思っています。

>

軽キャンピングカー失敗の巻の続き: acefeel わん子とテントむし~インディ727に乗って♪

修理の全額出る 特約 も あるみたいだよね。 普通車のキャンピングカーがおおよそ500万円程度~という価格に対して、軽キャンピングカーは200万円~300万円程度で購入することが可能です。 大型キャンピングカーには大型キャンピングカーの、軽キャンパーには軽キャンパーの良さがある。 アクセルを踏み込めば普通乗用車と同様の速度で高速巡行ができるため、とくに動力性能にストレスを感じることはなく、長距離ドライブも比較的快適だった。 5色の車のボディにあるパネルのカラーから自分の好きな色を選べる事も人気の秘訣です。

>

軽キャンピングカーのランキングを人気おすすめ10台まとめ

水回りを備えていなくても、ダイハツのウェイクのようにオプション機能を充実させれば、キャンプをより満喫できる車も含まれます。 アクリル窓追加(54,000円)• 断熱インナーテント(90,720円)• 出入り口のステップ。 ミニキャブバンの車内にフルフラットのベッドスペースを設け、リアエンドにコンパクトな家具類を装着。 出入り口から見た居住スペース全体の様子。 メリットその3:停泊場所に困らない お話しした通り、軽キャンピングカーは普通車ワンボックスよりも小さく、3ナンバークラスよりも幅・長さが短いので、駐車場所とくに停泊場所には困りません。 518• 同車は、まとまった休みに各行楽地をドライブして、車中泊を楽しむ夫婦をメインユーザーとしてビジネスを展開しています。

>

軽キャンピングカー(軽キャブコン)おすすめ10モデルを徹底比較

120• 軽キャンパーなら、大型キャンピングカーでは走れないような狭い道路も無問題だ。 【写真多めで紹介】車中泊にもぴったりな軽キャンピングカー9選 Lunetta ルネッタ まず初めにご紹介するのは『』から発売されている『』です。 軽キャンパーとは、軽自動車にキャンパー架装をした車のことです。 〜これからの軽キャンパーを変えていく「Camper Neo」〜 をテーマに軽なのにくつろげる快適アイデアが満載の車です。 電圧計の左横には、シガーソケットとAC100Vコンセントがついています。 232• 「高断熱」「高強度」のハイドロバックパネルを採用• 全車にポップアップルーフが架装されており、ルーフベッドを含め4名が就寝できる。

>