ヨコハマ ブルー アース rv 02。 ヨコハマタイヤ「ブルーアース RV

【タイヤレビュー】ヨコハマタイヤの最新ミニバン専用タイヤ「BluEarth(ブルーアース)RV

価格はオープンだが、従来品のブルーアースRV-01とほぼ同じになる。 タイヤラベリング(格付け)制度で、従来のウェットグリップ性能はbランクだったが、ブルーアースRV-02ではaランクに昇格した。 最近はほかのタイヤは履いておりませんが、安心の性能と思います。 もう、溝が残ってません・・・ リヤタイヤも、縦方向の溝しか見えない状態でした。 独自技術搭載の非対称トレッドパターンは安定感のある走りを実現。 ウェットグリップ「b」と「a」の差は小さくない 最後に、RV-01とRV-02を装着したアルファードで、散水した低ミュー路での円旋回とハンドリングをチェックしたが、これも予想どおり大きな違いがあった。

>

BluEarth RV

ミニバンといっても、先代オデッセイや生産を終えたストリームのように、ワゴン並に背の低い車種もある。 ご注文の際、そのような場合は当社よりメールやお電話でご連絡を差し上げます。 近隣の持込みができる取付けショップを探して、実際に話しを聞いてから依頼する方が無難ですね。 AE-01Fでは、すべてのアクションに対する反応がワンテンポ遅れる印象で、ステアリングを切ってから曲がるまでもそうなら、もどしてからは大きな揺り返しが来る。 低燃費タイヤの世代進化を謳い、グレーディングの追求は一端の落ち着きを見せているものの、タイヤ比較では捉え方に影響を与えそうです。 従来品性能比較では、ウェット制動距離12%、ウェット操縦安定性4%の向上が示されています。 交換の際に空気圧が結構関係しているということも聞きましたので、今後は空気圧もこまめにチェックしたいと思います。

>

YOKOHAMA BLUEARTH RV02の評価・ユーザーレビュー一覧

しかし、専用タイヤを謳うのは2014年発売のトーヨー「TRANPATH LuK」、ブリヂストン「ECOPIA EX20C TYPE H」、そして「REGNO GR-Leggera」もそう。 転がり抵抗低減は実用レベルに抑えながらも、走りに対する安定性を向上させたことは大きい。 現在、このタイヤで3万キロ 降雪地帯のため12月~3月は冬タイヤ を走破してタイヤの溝は1~2分程度だが、それでも雨降りで恐い思いをしないところは凄いを通り越して不思議だ。 前回交換したミニバン専用のエコタイヤ、が気に入ったので、今回も同シリーズのタイヤへ交換しました。 お持帰り・ネット通販に関しましては、お断りさせて頂きます。 ここまで4本とも減ってしまうと、乗心地が悪くなりますし、パンクもしやすくなるんですね。 これは大きな進化に違いない。

>

YOKOHAMA BLUEARTH RV02の評価・ユーザーレビュー一覧

RV-01装着車では横に逃げるだけの状況でも、RV-02装着車ならブレーキングでもアクセルでも横に逃げながら前にも進む。 その上で「ブルーアース RV-02」は、濡れた路面での制動距離を12%向上させ、同じく濡れた路面での走行安定性を4%高めたという。 タイヤ・ホイールセットを店舗でお受取りされる場合は、別途作業工賃・廃タイヤ料金(サイズ・車種により異なります)が かかる場合がございます。 寿命は短そう。 YOKOHAMA BluEarth RV-02に交換した感想・レビュー タイヤの交換を終え、三ヶ月ほど乗ってみましたが、前回と同様で交換直後は「転がり方がスムーズ」だと、体感出来るほどの違いがありました。 とくに奥のヘアピンでは、RV-01装着車だと、横に逃げて散水した水がなくなるあたりまで滑ってしまっていたところ、RV-02装着車はアンダーステアを出しながらも前に進んでいく。 個人的には、イチオシの低燃費タイヤとなっています。

>

エコ(低燃費)タイヤ・YOKOHAMA BluEarth RV

近年は軽カーハイト系人気が際立ちます。 決して脅すつもりでは無いのですが、ここまで減ってしまうと雨の日は極端に滑りやすくなって危険なんですね。 サイズ タイヤ幅 mm 偏平率 リム径 荷重指数 強度 速度記号 適応リム幅 前 245 45 19 98 W 後 245 45 19 98 W 店舗 中川店 展示場No. ブルーアースRV-02の性能・特徴 ブルーアースRV-02はミニバン・SUV用のタイヤとしては初めての低燃費タイヤグレードである転がり抵抗性能「A」、ウェットグリップ性能「a」を獲得しています。 今は各タイヤメーカーから「ミニバン専用タイヤ」が販売されているが、その特徴がイマイチ良く分からない。 まとめ ブルーアースRV-02は低燃費性能だけではなく、乗り心地や静粛性等の快適性能を求めているSUV/ミニバンユーザーにとっては非常に魅力的なタイヤといえます。

>

ヨコハマ ブルーアースRV-02(T50423449)

1%低減されています。 車種は、折り返し地点までの往路に「オデッセイ アブソルート」、帰路に「エスクァイア」のハイブリッドをチョイスした。 タイヤの溝 ご指摘のタイヤをチェックしてみたところ、もうしばらくは使えそうな感があるものの、遠出の予定もあったので早めに交換しておく事に。 この状態で何事も無かったので良かったですが、それは、たまたま運が良かっただけとしか言えません。 普段の走行条件が少しハードな事と、車の重量があるので重たい事、更にはエンジンのマウントポジションがローマウント気味になっている等々の条件が重なった事もあり、走行距離3万㎞手前では結構な減り具合となっていました。

>

YOKOHAMA/ブルーアース RV

ネット・通販・お持ち帰りに関しましては、お断りさせて頂きます。 横浜ゴム 消費財製品企画部 製品企画1グループ 鶴田裕佳氏 走り終えて、RV-02の企画をとりまとめた横浜ゴム 消費財製品企画部 製品企画1グループ 鶴田裕佳氏に話をうかがった。 一番イン側のブロックは高剛性の「パワーインサイドショルダー」となっており、ミニバンの高荷重に対応。 箱型ミニバンのユーザーには、ミニバン専用タイヤを使うことを強く推奨したいと思った次第である。 ターゲット層をスタンダードミニバンからコンフォートミニバンまで拡大します。 お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、予めご容赦くださいますようお願い申し上げます。 RVタイヤはロードノイズも大きくてお世辞にも乗り心地の良いタイヤとは言えませんので(^^; 取り付け店に直接送るという手段があったことは盲点でした。

>