オビト リン。 うちはオビト (うちはおびと)とは【ピクシブ百科事典】

のはらリンとは (ノハラリンとは) [単語記事]

動く事の出来ないマダラの手足として彼が復活するその時まで として暗躍を開始した。 カカシとオビトのコンビネーションにより、リンの救出と幻術の解除を行います。 スポンサーリンク 4.「オビト」が向かえた壮絶な最期 裏で暗躍していたオビトでしたが、リンが死んだ原因を作ったのが協力関係にあった「マダラ」本人であると知ります。 うちはの基本である豪火球は神無毘橋の戦い以前から使うことができた。 誕生日:• ミナトは班のメンバーを中忍試験に推薦している。

>

【ナルト】オビトの本当の目的がヤバい…正体や迎えた結末

オビトがどうして孤児だったのかは未だに不明ですが、リンはオビトにとって恋愛対象以上に、母親のような存在に近いかもしれません。 裏で暗躍していた張本人であり、誰もが死んだと思っていたオビトが終盤で再登場したことによって、読者は大きな興奮に包まれたのです。 暁を裏切った長門から輪廻眼を回収するため雨隠れに向かった。 やっぱり繊細で泣き虫です、この子は。 これを飲んでイタチと共にうちは一族を抹殺した。 疾風伝461話ではカカシの回想でガイとの勝負で寿司を食べているが、その時はマスクをしたままマスクの下でモグモグしていた。

>

【ナルト】リンの死亡理由が悲しすぎる…死んだ原因や名言まとめ

死を迎える間際、カカシに「お前は当分こっちに居ろ」と生きるよう促し、ナルトにはかつて抱いた志を思い出させてくれた礼と共に「必ず火影になれ」と理想を貫き通すようエールを送った。 そのため、戦場でも的確に処置をする精神力を兼ね揃えています。 思わず涙ぐんでしまうオビトを見て、ようやく本来の自分を完全に取り戻したのだと実感しました。 それに気がついたナルトが、回復させようとオビトの体に手を当てます。 リンはカカシが好きだったけど、 オビトには希望とか共感を持っていたのではないかと思います。 性質変化は五大性質変化と陰陽遁の全てを扱える。 ボルトたちの卒業試験では、自ら希望して試験官を務める。

>

のはらリン

詳細については長年不明でしたが、リンの死がキッカケでカカシとオビトが万華鏡写輪眼を開眼しました。 オビトはカカシの腕がリンの胸を貫いた所しか目撃していないため、「カカシがリンを殺した」と勘違いしていたが、実際は彼女が自らカカシの雷切に突っ込んでいったのである。 写輪眼 神無毘橋の戦い中に写輪眼を開眼している。 5kg。 5歳で下忍、6歳で中忍、12歳で上忍になった「木ノ葉隠れ」きっての天才忍者。

>

【NARUTO】うちはオビトの壮絶な過去!最期が泣ける火影を目指した少年〜

それに気づいていたリンはカカシに自分を殺すようにいいますが、カカシはこれを拒否し、何とか助かる方法はないかと考えます。 本来の写輪眼は瞳術を使う時だけ写輪眼の紋様が浮かぶが、うちはの血を持たないカカシは紋様が浮かんだ状態の眼球を移植したため、通常の瞳に戻らない。 繊細な分、折れやすいですから、黒ゼツにとっては、マダラを通してオビトを仲間に引き入れるのは簡単だったかもしれません。 関連コミュニティ のはらリンに関するをしてください。 しかし、カカシには生きていて欲しいので見ているかもしれないけど、 待っていないと思います。

>

【NARUTO】うちはオビトがかっこいい!名言や声優、誕生日、身長、体重も紹介!

オビトは単身で助けに向かおうとするが傷が完治していなかったため人造体の一人を体に纏い戦場へと向かった この身体に纏った人造体は登場初期のの面と同じ顔をしている。 審議が終わるまで、このお知らせを 除去しないでください。 雷切・一尖(ナルティメットアクセル、ナルティメットクロス)• コミックス第35巻 第314話-第36巻 第331話• 「」がただの「カカシ」になってしまったし、神威無しで、どうやって始球空間から脱出するのか、それも気になります。 表蓮華(アニメ(疾風伝・第3話、第85話))• 主な性質変化は「雷」と「水」と「土」だが、その他の性質の術も写輪眼でコピーしているため使用可能。 チームのであり、他のメンバーをサポートする医療忍者。 オビトが死んで浄土の狭間に到着した際、リンは「 待ってたよ」と温かい言葉を投げかけており、じきに来ることを予知しているような雰囲気すら漂います。 イタチ死後のサスケに自分はマダラだと明かし、イタチの真実を語った。

>

【ナルト】リンの死亡理由が悲しすぎる…死んだ原因や名言まとめ

テンマ殺害 九尾事件から数年後、火の国の大名の護衛任務に就いていた出雲テンマをうちはイタチの目の前で殺している。 神威のすり抜け能力と組み合わせて使い、鎖で捕らえようとしたが直後に飛雷神で抜けられている。 しかしオビトにとってみれば、カカシがリンを殺したにしか見えず、2人の間に決定的な溝が生じてしまったのです。 どこか憎めないキャラクターで人気がありましたが、あっけなく最期を迎えることになります。 そして戦場へ到着したオビトが目撃したのは、 経緯は不明だが カカシがによってリンの胸を貫いた瞬間であった。 誰一人としてオビトの死を疑う者は居なかった。 また、発想力に富んでおり、ナルトの性質変化による風遁・螺旋手裏剣の修行を考案するなど様々なアイデアを出している。

>

【NARUTO】うちはオビトの壮絶な過去!最期が泣ける火影を目指した少年〜

そして、完成体・須佐能乎を発動させたカカシは第7班班長としてナルト、サスケ、サクラの指揮を執り、カグヤの封印に成功した。 オビト:「お前にはこれから まだまだ多くの苦しみがあるだろう… だが…それでもお前は変わることなくそのを貫き通せ …いつかオレに言ったな まっすぐ自分の言葉は曲げない…それがオレのだ …だったか?」 ナルト:「ああ…」 オビト:「ナルト… お前は…必ず火影になれ」 涙を浮かべながらナルトは答えます。 なお、うちは一族であるが両親はすでになく、と同様に孤児である。 さて、オビトから語って貰いたい謎解きがあるのですが、どうなるんでしょうかね。 その結果オビトも中忍になったが、その後すぐカカシは上忍となった。 紫電(カカシ秘伝、BORUTO)• この子が生きてたらオビトとカカシどっちを選んでたかな? -- 名無しさん 2018-09-12 14:15:31• 常に口元を覆うマスクを装着し、第三次忍界大戦・神無毘橋の戦いの後は額当てをずらして左目も覆っている。

>