マルコ アントニオ バレラ。 タイソンにデラホーヤまで…“レジェンドボクサーたち”が復帰を目指す「お金だけじゃない」理由とは

【動画】モラレスvsバレラの3度の対決を振り返る!

マイク・タイソン復帰戦の前後、米国内の盛り上がりは随分と凄いものがあった。 元・世界。 実力が彼らの半分にも満たないというのに」と暗にベリスタインを批判する記事も見られる(事実、2008年にがベリスタインとトレーナー契約を結んだ際には「マネージメントに関しては一切口出しをしない事」を契約条項に入れたほどである)。 同年8月7日、パストール・ウンベルト・マウリン(アルゼンチン)と対戦し、判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した。 今回のハメド特集でもこのブヤニ・ブング戦がランクインしていたのだが、「おお、なるほど」と思うことが多かった。 」 2010年8月1日• 他のファイターとは一線を画している。 WOWOWエキサイトマッチの解説者が再三「すべての基本を無視した選手」「あらゆる角度からKOパンチが打てる」と言っていたが、マジでその通り。

>

マルコ・アントニオ・バレラの「引退」の噂検証

同時に、空位の認定世界フェザー級王座を獲得した。 4月3日、相手の敵地英国に乗り込み、ポール・ロイド(イギリス)と対戦。 ほとんどパッキャオで語り尽くされるマルケスのボクシングキャリアでしたが、ミゲル・コットと同様、強いトップファイターの全盛期全てと戦ったといえるキャリアだった。 この試合は名勝負であったが故に当然、再戦が期待された。 しかし、マスメディアはバレラが手術を受けた事実をこれまで周囲の関係者に隠していたことを問題視し、スキャンダラスに報じた。 2009年9月19日に現役復帰すると144ポンド契約で対戦することとなるが、144ポンドという契約は両者間のプライベート契約であるため、メイウェザーは144ポンドを超過してもウェルター級以下までの体重であれば1ポンドにつき30万ドルの違約金を払うだけで失格にはならずに試合は成立した。

>

在米ライター林壮一の米国取材記

その後、奇跡的に回復したがプロデビューは2年遅れることとなる。 たとえパッキャオをダウンさせたって、彼らは立たせてまた戦わせるんじゃないだろうか」 と判定への不満を露わにし、パッキャオとの第4戦はマルケスの母国メキシコでの開催を希望していたが、結局第4戦もラスベガスで行われることとなった。 しかし結果は2-1(114-113、113-114、115-112)の判定勝ちでモラレスに軍配。 同年12月3日、元WBA世界バンタム級王者のエディ・クック アメリカ とWBAペンタコンチネンタルスーパーバンタム級王座の初防衛戦を行い、8回TKO勝ちで初防衛に成功した。 トレーナーは。

>

マルコ・アントニオ・バレラ

初戦、初回に3度のダウンを奪われる悪夢のスタートとなったが盛り返し、12回の激闘の末引き分けとなった。 (父方の)は マルケス、(母方の)は メンデスです。 痺れを切らしたハメドが強引に飛び込んできた瞬間、自らも前に出て左フックをカウンターで合わせる。 元世界王者。 この後に転級。

>

タイソンにデラホーヤまで…“レジェンドボクサーたち”が復帰を目指す「お金だけじゃない」理由とは

米・ネバダ州ラスベガスのMGMグランドにハメドが初降臨するとともに、3-0(115-112、116-111、115-112)の判定で敗れた一戦である。 チーフトレーナーを元帝拳ジムトレーナーで日本人のが務めたことがあった。 この試合は2012年のに選出された。 当たるとおもわせておいてカウンターを常に狙っている。 2012年4月14日、ので、教授の異名をとるセルゲイ・フェドチェンコ とWBO世界スーパーライト級決定戦で対戦し、3-0 119-109、118-110、118-110 の判定勝ちを収めメキシコ人として、に続いての4階級制覇を達成した。 変幻自在と呼ばれ、35戦全勝31KOを飾った彼のボクシングは、正統派のメキシカンファイターによって完全に封じられていた。

>

永遠のライバルに恵まれたヒーロー/(ベビーフェイス・アサシン)マルコ・アントニオ・バレラ

Boxing News(ボクシングニュース) 2013年10月13日• キャリア途中でが経営すると契約した。 2007年3月17日、WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチにてファン・マヌエル・マルケス メキシコ と対戦し、12回0-3の判定で敗北し王座から陥落した。 同年11月4日、元キックボクサーでWBCアメリカ大陸スーパーバンタム級王者のエディ・クロフト(アメリカ)と対戦し、7回TKO勝ちを収め4度目の防衛に成功した。 遠い間合いからは野性味溢れる一撃必殺のKOパンチ。 同年9月16日に、リカルド・ファレスとダイレクトリマッチで再戦し、を展開して今度は12回3-0の明白な判定勝利で4度目のタイトル防衛に成功した。 3-0の判定勝ちだった。

>

ファン・マヌエル・マルケス

バレラは1995年から頭痛がするようになり、1997年に海綿状血管腫の手術を受け、頭蓋骨の内側には金属プレートが固定されている。 そのため、本来なら75万ドル以上を稼いでいるはずのスーパースターのマルケスが、のボルネオ島のジャングルでわずか3万ドルのファイトマネーで戦わされることになった。 全勝の「プリンス」、 ナジーム・ハメドに初黒星を付けた激戦と、階級を上げながら、3試合に渡って壮絶な打ち合いを演じた、同じメキシコ人の エリック・モラレス戦は、バレラを語る上で欠かせない試合です。 ベストジャブ エリック・モラレス モラレスのジャブは最高だった。 試合終了直後、勝利を確信して右手を突き上げたマルケスに対して、パッキャオはガックリとうなだれるなど対照的な表情であったが、結果は0-2の僅差判定負け。 2020年6月1日にO. そして右ストレート、左フックを放つが、マルコ・アントニオ・バレラを捉えることは叶わない。 マルコ・アントニオ・バレラのプロフィール 本名 マルコ・アントニオ・バレラ 誕生日 1974年01月17日 ニックネーム 童顔の暗殺者(ベビーフェイス・アサシン) 生涯戦績 70戦63勝42KO6敗1無判定試合 獲得タイトル• 世界ライト級王座 <備考>• マルケスは「パッキャオとの3度の対戦は私の全勝だと思うが、なかでも第3戦は完璧に私の勝ちだ。

>

ファン・マヌエル・マルケス

「メキシコ人最強」を賭けたエリック・モラレスとの3試合は、いずれもプライドを賭けた壮絶な打ち合いとなり、誇り高き勇敢な姿勢と断固たる勝利への決意を見せつける試合となりました(初戦はモラレス、2戦目はバレラ、3戦目もバレラの判定勝ち)。 試合では以上の階級への挑戦はこの試合が初であるマルケスの動きが鈍く、さらに階級が上のメイウェザーに予想以上のスピード差を見せつけられ、2ラウンドに左フック一発でダウンを喫するなど、12回0-3の大差判定負けを喫した。 その目には、涙が光っていたという。 昨年2月、WBC王者エリック・モラレスとの統一戦において、疑惑の判定で敗れたバレラは、胸のつかえを下し、世界的スターとなった。 当初は同年9月14日に予定されていたが、同日にとの対戦が決定した為、延期となった。 しかしファンは間違っていた。

>