金襴 緞子。 金襴緞子とは

金襴とは

意匠化された文様には、各々名前が冠せられ、固有名詞として独立したものもある。 織造期は宋代とされ,日本には鎌倉時代のころ入宋のがのとした袈裟の,あるいはなどの付属品として持ち帰った。 絹に限らず化学繊維でも織られています。 「鳳凰文様」に似た神鳥の文様「鸞(らん)文様」の他、「鴛鴦文様」「朱雀文様」「千鳥文樣」「都鳥文様」、長寿の象徴「鶴文様」などがある。 光沢があり、高級感のある仕上がりになる緞子は、中国・元代には生産されていた事が元政府に編纂された歴史書「大元聖政国朝典章」に記されており、室町時代に日本に伝わりました。 一巻は植物文様、二巻は動物文様、三巻は幾何学文様を中心にまとめられています。 昔から裂地は掛軸と分かち難く結びついて発展してきた。

>

西陣織 ・金襴の正絹生地販売

中国では〈(しよくきん)〉という。 緞子は茶の巨匠である千利休によって好まれた事で有名である。 その他• 「金襴緞子のよう」という言葉があり、豪奢・華麗、はなやかと同じ意味をもちますが、その名のとおり金襴は精妙で織物の中では最高位と称されています。 電話受付時間は、平日の午前9時30分~午後4時まです。 返品・交換について 商品の品質には万全を期しておりますが、万一商品が破損・汚損等の不良がございましたら、メールまたは電話にてご連絡頂いた後、弊社までご返送ください。 お客様のご要望を最もよい形で表現いたします。

>

緞子(どんす) 和布・和風生地・和風小物販売専門店 都香庵

邪気を寄せ付けない効果があることで、 神聖な神様の領域と俗世を区別する結界の意味を持ちます。 点や線、面で構成される「幾何学文様」には縦縞や横縞、網目文様等から、亀の甲羅のように六角形が連統する「亀甲文様」、四角形の中に小さい四角形を入れた「目結(めゆい)文様」、正方形を等しく敷き詰めた「石畳文様」、三角形が交互に入れ代わって構成された「鱗文様」など、他にも様々な形がある。 歴史 [ ] 繻子織の発祥の地は、のダマスカス地方と考えられている。 したがって、金襴緞子とは、「華やかで贅沢な美しい織物」を意味します。 や金糸を用いて模様を織り出すと並んで、高級織物の代名詞とされる。

>

緞子

また動物を主材にした文様も多く、特に日本でおめでたいものとされている鶴や亀、また蝶や千鳥・燕・兎、中国の架空の動物である龍や鳳凰などがよく用いられている。 柄のある部分は約68センチです。 表装に使われている裂地は、もともと法衣や装束を解いたものであり、表装用の裂地として製作される場合も、それらを受け継ぎ、あるいは参考としていた為、文様もおのずと本来の衣装が持つ性格が色濃く顕れた。 こちらは通販サイトです。 表装裂には文様が数多くあり、有職文様、吉祥文様、植物や自然となる水や雲、龍などの架空動物、間道や幾何学文様など、また名物裂と呼ばれる茶人が好みとした裂もあります。 中村金襴では、金襴緞子と美術織物を中心に生地の生産をいたしております。 和布の店頭販売は行っておりませんので、あらかじめご了承ください。

>

緞子(どんす) 和布・和風生地・和風小物販売専門店 都香庵

中国では織金といわれ、宋代に始まり明代に全盛を迎える。 大半は名物裂の非常に大きな写真を掲載し、末尾に裂地や表装についての解説を掲載している本です。 表装の裂地を知りたい方には良いかもしれません。 5cm未満の場合には、ネコポスでの発送が可能です。 | | | | | Copyright C 2002-2021 ARL,Inc. 本作品では、静寂な雰囲気がとても重要な要素である。

>

金襴緞子とは

僧侶は袈裟に用い、掛軸では一文字や中廻し、風帯などに用いられる。 掛け軸の中心には仏画、絵画、書などがあり、それを飾り保存をする役目を果たします。 その場に最もふさわしい芸術品を飾り、凛とした空間をつくりあげる事に美を見出す・・・この独特な文化は世界でも日本だけです。 お問い合わせは MAIL : info nunogatari. その場合、カゴフォームは小幅しかご用意しておりませんので、小幅の20cmを大幅の10cmとして換算させていただきます。 現在でも緞子を英訳すると「」となる。

>