斟酌 する。 斟酌(しんしゃく)の意味とは?使い方と例文、忖度との違い、類語

「斟酌(しんしゃく)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

斟酌の例文 5.このごろは斟酌を使うべきところで、忖度という言葉が使われるようになってきている。 どちらも「相手の気持ち」を考え、行動に移しているという意味で、同じ内容を言わんとしている雰囲気があります。 また、「忖度」には「手加減する」といった意味までは含まれていませんが、「斟酌」は「手加減する」という意味まで含まれている言葉です。 他を参考にして考えること」 「先例を鑑みる」と言うと「先例を引き合いに出して考える。 「斟酌」の例文 「身内に不幸のあった彼女を斟酌して裏方の仕事に回ってもらった」 「素直なのはいいことだが、ちっとも斟酌しないのもよろしくない」 「家庭の事情と未成年であることを斟酌し彼に責任を問わない」 「会議に限らず、仕事のことは斟酌せずに何でも思ったことは伝えるように」 「ここではプライベートな事情は一切斟酌されない」 「忖度」について 「忖度」の読み方・意味 「忖度」は< そんたく>と読みます。

>

「斟酌」の意味と使い方|忖度との違いや類語・対義語、英語表現を解説

「その少年は確かに罪を犯したが、未成年であることや、悪意がなかったことなどの諸事情を斟酌し、罪を軽くするということで意見の一致を見た」の例文から、情状酌量という言葉が頭に浮かぶ人もいるでしょう。 「斟酌」と書いて「しんしゃく」と読みます。 このとき流行した「忖度」は、空気を読んだ上に物事を運ぶことまで含まれるような意味合いに捉えられて使われていましたが、正しくは「推測する」範疇を出ないのです。 「斟酌」を理解し使ってみましょう. 」という意味にまで姿を変えていったようです。 忖度という言葉は、斟酌に意味が近くなってきていると考えられています。 使用頻度は違っても、意味はほぼ一定で、20年ほど前までは「相手の気持ちを推測する」という程度の意味しか持っていませんでした。 「斟酌」の読み方と意味は? まずはじめに「斟酌」の読み方と意味から見ていきます。

>

「斟酌」の意味と使い方・読み方・例文・語源・類語・「忖度」の違い

テスト前に病気をしていた生徒の採点に 斟酌を加える。 また、「酒などを酌み交わすこと」「あれこれと照らし合わせて取捨すること」といった意味もあります。 物事を詳しく調べること・良いかどうかを調べ考えることを表します。 また「勘定」は「勘定に入れる」という熟語表現でよく使われますが「計算する、あらかじめ考える」というニュアンスで使われるため、言い換えの上では「斟酌」とはやや意味合いが異なるかもしれません。 その二つが合わさって「忖」となり、「心に手を当てて人の気持ちを推し量る」の意味を持ちます。

>

「斟酌(しんしゃく)」の意味は?「忖度(そんたく)」との違いも解説

情状酌量の酌も、斟酌するの酌も同じ漢字です。 「考え、慮る」という意味で、深く考えることを示しています。 「皆が我先にと、各々自分勝手に動く中、ただ一人、斟酌する女性がいた」はそのまま、「遠慮する女性」となります。 「斟酌」という漢字それぞれが示すように「酒を酌む」「お酌をする」という意味であることから、一目瞭然とも言えるでしょう。 よく、裁判の判決で「情状酌量の余地がある」というのを耳にしたことがあると思います。 それに対して「忖度」には「相手の気持ちを推測する」といった意味しかありません。 今でいう「空気を読む」という事にも繋がりますね。

>

「斟酌」の読み方と意味は?「忖度」との違いや類語・英語も紹介

相手の心情を汲み取って手加減するときに使う場合• しかし、あまりにも「忖度」や「斟酌」ばかりしていると、責任の所在が不明瞭になってしまいますよね。 推測する。 決断する前にしっかりと事情を勘案しておくべきだ。 なお例文5にあるように、忖度という言葉は外国語にはない日本語独特のニュアンスの言葉だと考えられています。 忖度の例文 5.忖度は日本語特有の言葉で、外国人にはなかなか理解しにくいものだと言われている。 メンバーそれぞれの個人的な意見が知りたいので、斟酌なしにどんどん発言して欲しい。

>

「斟酌」の読み方と意味は?「忖度」との違いや類語・英語も紹介

責任の所在を明らかにするために、こうした不透明なコミュニケーションは意識的に排除すべきだと考える人が多くなってきています。 【例文】 ・若さゆえの犯罪であったことは、一考に値する ・一考したうえで、結論をだそう 語彙力の強化におすすめ「語彙力を鍛える」 「斟酌」という言葉の意味や使い方、読み方などを知らなかったという人には、本書がおすすめです。 あえて自ら「語彙力強化」のための努力をする必要があります。 取捨選択するなどという言葉を対人関係などで使っては、とても冷たい、人情もないような人に思われかねませんのでご注意ください。 「斟酌」という言葉を目にしたことはありますか。 ここでいう事情や状況の中には、その場の状況などの他に、相手の心中も含まれます。 意味は「くむ」「おしはかる」「酒」「酒をつぐ」です。

>

「斟酌」の意味と使い方・読み方・例文・語源・類語・「忖度」の違い

この言葉は元々は「相手が何を考えているかを推測する」という意味でしたが、2000年頃から政治の世界で従来とは異なった意味で使われ始め、2017年の政権のスキャンダルと共に一気に世の中に広まりました。 それは 政治の現場です。 なので、忖度という言葉が変化した時に、なぜ斟酌という言葉があるのにわざわざ忖度を使うのかと疑問視されたこともありましたが、理由はいまだに分かっていません。 忖度の意味 忖度とは 忖度とは、 特に目上の人の意向に合うように取り計らうことを意味しています。 「斟酌する」ではなく「斟酌を加える」という表現をあえて使うことによって、「斟酌する」ことを、さらに強調する意図があります。 「斟酌」の「斟」と「酌」という漢字は、分量を量りながら汲むという意味です。 これから、こちらの意味を中心に解説を進めていきます。

>