チルタリス スーパー リーグ。 【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼がオススメする「スーパーリーグ用に育てたいポケモン」その21~25

アローラ ガラガラ スーパー リーグ

ステータスの実数値・個体値・類型 「ステータスの積」が最大の個体 攻撃/ IV 防御/ IV HP/ IV ステータスの 積/ 型 103. 82 135 1449 前述のように、最大CPが1500に届かないため、 「最高の相棒」特典、 「CPブースト」の恩恵が大きい。 ハードプラントは耐性アリでも痛いので、状況次第ではシールドを張る。 広い技範囲 マリルリの強さの秘密は、 CP制限リーグ向きのステータス比率と、この技範囲の広さにある。 解説 チルタリスはくさ、じめん、かくとうを上空からなぎ倒す チルタリスはスーパーリーグを代表するポケモンの1つで、強力なりゅうのいぶきで相手をなぎ払う強さを持ちます。 がの1回目のをシールドしなかった場合は、その時点ですぐにに交代し、をシールドします。 4月30日に行われた技のアップデートで 技の性能が強化されました。

>

GOバトルリーグで「マジ強え」と話題になってるシャドウポケモンを徹底解説!ピーキーな性能を知り尽くして勝利を掴め【ポケモンGO 秋田局】

。 それではトレーナー諸君の健闘を祈る! 参考リンク: Report: Photo:c2017 Niantic, Inc. 相手の控えに、ほのおやチルタリスがいるとキツい。 その為、動画ではシャドウウツボットを相手のシールドが無くなった後半に出して、一気に追い詰めるという作戦を紹介しました。 ヘドロばくだんは等倍なので、チルタリスのHP状況を見ながらシールドを使うか判断。 マジカルシャインを選んだ理由は、カントーカップでフェアリー技強い!と憧れたため。

>

ポケモンGOのトレーナーバトルで6割勝てるオススメパーティー【スーパーリーグ】

PvPに 於 おいて、 わざ範囲の狭さは、 ミラー戦や、苦手タイプへの 反撃 カウンターに、 支障をきたす可能性が出てくる。 また、環境トップメタであるマリルリは採用率も高いため、 常にミラー戦を意識する必要がある。 【GBL前】第2期(2019年2月1日~)からトリデプスが実装され、 それまでの環境を一新したが、徐々にトリデプス包囲網が展開され、トリデプス対策が進んでいった。 、、、、とのどちらが選出率が高いかを天秤にかけ、と対面したら事故だと思って切り捨てています。 初手のアローラガラガラを相手が確認すると、ゴンベに対してエアームドを交代してくるパターンが多い。 ランターンは、どちらの型を採用するかによって、全く別のポケモンになると言っても過言ではないでしょう。

>

【ポケモンGO】チルタリスのおすすめ技と最大CP&弱点

また、初手に炎タイプが来るとほぼ負けです。 〇ラグラージ 6:4 ヘドロウェーブが痛いが、りゅうのいぶきとゴッドバードで突破。 対マリルリ用にかみなりパンチ型が多いが、れいとうパンチもほのおのパンチもメガニウムはばつぐんで食らうので、運要素が強い。 じゃれつく型にすることで、等倍で与えられる機会が多くなる。 〇考察2 レジスチルとマリルリ マリルリ対レジスチルの場合、シールドを二回使った場合マリルリがギリギリ勝つようです。 3体いずれも耐久力があるので、大負けしにくい。

>

[ポケモンGO]チルタリス・スーパーリーグ用の技と対策ポケモン。上空から敵を狙い撃つドラゴン

基本的には「みずでっぽう型」は、トリデプス・ダイノーズ・メルメタル、「スパーク型」は、レジスチルに当てるのがおすすめです。 100までゲージを貯めたあと、 ニトロチャージ・ワイルドボルトの順に技を連続で打つことが可能だ。 GOバトルリーグにおいて、耐久力はとても大事。 通常技はエアスラッシュを採用しているため、くさタイプに対応できるくさポケモンとなっている。 その辺に大量に湧くドジョッチの進化系であるナマズンが厨レベルの性能であったりと、この記事を最後まで読めば、初心者でもすぐにパーティをガチガチに構築できるのもこのリーグの醍醐味だろう。 アローラライチュウの耐久力は低いため、じしんを使わずにハードプラント2回で十分。 活躍する、しないの差がかなり大きいため、チルタリスを起用するなら状況を観察してからがオススメです。

>

[ポケモンGO]チルタリス・スーパーリーグ用の技と対策ポケモン。上空から敵を狙い撃つドラゴン

また、環境に多いマリルリやエアームド、メガニウム等多くのポケモンに出し勝てるのも魅力だ。 このことからスーパーリーグでは 主力の マリルリや ナマズンの 弱点をカバーすることも出来ます。 れいとうパンチを弱点で食らう反面、ハードプラントを大ダメージで与えられる。 スペシャル技• マリルリはあく対策 マリルリはミュウが苦手とするあくタイプのブラッキーやヤミラミ対策がメイン。 この2匹の違いは、耐性の種類が異なる点。 初手ではがねやひこうタイプが出てくるとキツいので、かなり思い切った型。 かげうちではなく、パワージェム型のヤミラミもいるので、うっかりやられないようにしたい。

>