ウェルダー 加工。 高周波ウェルダー加工

高周波ウェルダー加工のホークアイ株式会社 TOPページ

主に対象素材の溶着や溶断に用いられ、当社業務の柱となる加工技術です。 600㎡の圧巻の加工スペース 大型サイズや量産も社内で加工致します 大型対応工業用ミシン 【9台】 ターポリンやファブリックなど、様々なメディアの縫製加工に使われます。 また可塑剤を加えた軟質製品には塩ビフィルム単体及び布、繊維、紙、等の生地と貼り合わせたものを含め、下記のような身の回り、家の中、生活用品などの多くの製品があります。 W押機 14台 箔押し後に高周波ウェルダーを施す機械。 素材の性質や厚み、デザインによって高周波をあてる時間が変わるからです。 内部加熱は物全体を内側から均一に加熱するという特徴があります。 試作などの加工に最適。

>

高周波ウェルダー加工のホークアイ株式会社 TOPページ

その後、エンボス機の発達とともに、連続したエンボスロールによる型付けにより、軟質塩ビシートが大量生産され、世の中に出回るようになりました。 現在、安定剤としては、Ca系、Ba系、Zn系、Mg系など単独品から複合安定剤まで、種類は多種多様で、塩ビ100に対して0. 2019年7月31日 ホームページを更新しました。 2020年7月20日 アキレスウイルセーフの取り扱いを開始しました。 特殊な前処理なしで、グラビア、オフセット、スクリーンなどの印刷ができます。 リベット打ち機 2台 バインダーファイルなどの金具をリベットと呼ばれる金属製ビスを用いて正確に取り付ける事が可能。 超音波ウェルダー 32台 音波により振動子を振動させ加圧することで瞬時に熱を発生させ、溶着することが可能。 柔軟性や透過性、防水・気密性、ラミネートやコーティング素材への応用、その他特徴的で様々な素材を「縫い目・縫い代無く、気密性・防水性を損なわず、丈夫に」作れるとしたらどうでしょう。

>

工場・設備

ウェルダー加工とは、ターポリン同士を重ね合わせ、熱圧着させる加工です。 2020年4月30日 ホームページを更新しました。 ガスの炎やヒーターの熱を利用して素材を溶かし、溶着することを 外部加熱といいます。 インクジェット印刷 1台 版などを要することなく印刷が可能。 NCフライス 1台 プログラミンクされたデータをもとに、型などの切削が可能。 () 設備名 台数 機能詳細 高周波ウェルダー 59台 プレスと同時に高周波を加えることにより熱を発生させ、素材の溶着・溶断が瞬時に可能。

>

四辺ウェルダー加工/ターポリン印刷、タペストリー制作、横断幕や垂れ幕や養生幕の激安専門店 TAPESTORY(タペストーリー)

高周波ウェルダー機に取り付けられた金型と素材が接する部分のみ、高周波によって分子を振動させて発熱させることにより、部分的に溶着することが出来るのです。 その他にもレザーやPET、不織布など様々な素材を使用した製品の加工・製造をしております。 工場見学は機密保持契約等の関係もあり行うことは遠慮いただいておりますが、実際の機械、版に触れることができる体験ルームもご用意しておりますのでぜひ一度ご利用ください。 ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。 2020年6月19日 名札ケースの受注生産を行っています。 そこには様々な可能性が見えてきます。

>

ウエルダー加工について

「塩素」はソーダ産業で、地球上に無尽蔵にある天然塩をナトリウムと塩素に電気分解し、ナトリウムを苛性ソーダとして利用した残りの「塩素」を塩化ビニル樹脂の原料として利用しています。 高周波ウェルダー加工とは、高周波ウェルダーと呼ばれる機器を用いた熱処理加工です。 。 仕組みは「高周波誘電加熱」 高周波ウェルダー加工の仕組みは、「高周波誘電加熱」です。 その後、ドイツ製エンボス機が日本に輸入され、連続しぼ付けしたシートが製造され、ハンドバッグ等の袋用として大量生産されました。 つまり溶着したい素材その物が熱源となります。 建築現場ではかかせない養生シートや、横断幕等、ご入り用の際はお気軽にお問い合わせください! 養生シートページ 横断幕ページ 看板デザイン・制作・施工はおまかせください! 担当:上田• カラフルな色やデザイン処理が求められる商品に適しています。

>

高周波ウェルダー加工のホークアイ株式会社 TOPページ

耐油性に優れる• 箔押機 26台 凸版に熱を加え、箔を素材に転写させることが可能。 ロール超音波 3台 振動子部分と接する箇所をロール状にすることで、連続溶着が可能。 新年あけましてよろしくお願いします。 ビニールの表面に版を押し付けることにより、形を作ります。 フライス盤 4台 簡易的な型の切削などに用いられる機械。 また、機械はマニュアル通りに動かせばいいわけでなく、製品ごとに微調整が必要になります。 安定剤を選択するにあたっては、フィルムの透明度や色、また使用条件や使用環境などが考慮されます。

>

ビニール加工・ビニール製品・高周波ウェルダー加工の【オガワ産業株式会社】

点字などの盛り上げ印刷も可能。 また、加工中や加工後に環境負荷物質が発生せず、非常にクリーンで効率的な加工が可能なため、インラインのファクトリー環境を良質に維持できます。 また、塩化ビニル樹脂は柔らかくする成分(可塑剤)を加え、加工することにより硬い製品から軟らかい製品まで様々な製品を製造することができます。 過去には機械と資材をご提供いただき、弊社で環境を整え、印刷の仕事をさせていただいたこともあります。 フッター. 昭和30年頃から軟質塩ビシートはカレンダー法、T-ダイ押出法と成膜方法が各種製品に実用化され、大量生産されるようになり、文房具用、家具装飾用、建材用、工業用、玩具用、雑貨用と製品用途が多方面に広がりました。

>