ある 画家 の 数奇 な 運命 上映 館。 映画『ある画家の数奇な運命』 « 名古屋市美術館協力会ブログ

元ナチ高官と皮肉な巡り合わせで結ばれた偉大な芸術家の事実!『善き人のためのソナタ』監督が最新作『ある画家の数奇な運命』を語る

監督・脚本を担当したのは『善き人のためのソナタ』(2006)『ツーリスト』(2010)のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。 KG 2020年は終戦75年という一つ節目の年でもあり、日本国内でもあちこちで反戦を唱える運動が多く見られました。 ところが、精神のバランスを崩した叔母は強制入院の果て、安楽死政策によって命を奪われる。 千葉県• KG 今回は秋の到来にふさわしい、芸術性と娯楽性の双方を併せ持つドイツ映画の傑作『ある画家の数奇な運命』をストレートに採り上げたいと思います。 当時のドイツでは、優生思想(遺伝的に劣った人間を社会から排除すべきという考え方)に基づき、障害者を「青の-=断種手術」と「赤の+=無価値な命」とに区分することを決定。 映画「ある画家の数奇な運命」は2020年10月2日公開です。 その作品には、数十億の値段がついたこともあるという。

>

『ある画家の数奇な運命』レビュー:邦題に偽りなしの、個人とドイツの激動史!

エリーの父は偶然にもその作品を目にすると正気を失い、 作品を壊してしまいます。 映画の中でエリザベト叔母が叫んだ言葉によるものです。 ギュンター・マイ: ()• ある画家の数奇な運命丨見どころ com 実話をもとにした作品 主人公クルトのモデルは、ドイツ最高峰の画家といわれる ゲルハルト・リヒターです。 クルトの教授は、クルトが何を創造したいのかが分からずもがき苦しんでいることを見抜きます。 この手術の影響でエリーは妊娠しにくい体になっていたため、「妊娠できたこと」はクルトとエリーにとって、この上ない喜びでした。

>

映画『ある画家の数奇な運命』に奈良美智、吉岡里帆、和田彩花らコメント

吉岡里帆のコメント ずっと出会いたかった映画。 その帰り道、バスを降りたクルトは、でかつての叔母にしたことを思い出し、運転手にクションを鳴らしてほしいと頼む。 第二次大戦下のドイツ。 なお、ベルリンの壁ができたのは1961年8月13日。 クルトの父は、生きていくために自身の思想とは違う ナチ党の党員になりました。 協力会のS氏から「リヒターの映画が10月2日から上映される」というメールを受けた後、9月25日発売の『芸術新潮』10月号「art NEWS」が取り上げ、10月1日発売の『週刊文春』10月8日号でも「Cinema Chart」「Close Up」と、二つの記事で取り上げていたので、矢も楯もたまらず伏見ミリオン座に出かけました。

>

ある画家の数奇な運命 上映館・上映スケジュール<全国>|映画の時間

『ある画家の数奇な運命』という日本語の題名は映画の内容を説明していますが、この作品はクルト個人の数奇な体験だけではなく、ナチス政権化のドイツ、東西分裂後の東ドイツ、前衛芸術の運動が爆発していたデュッセルドルフなど、激動の時代も描いている広くて深い内容のものでした。 単にネガティブなことを描くだけなら、表現する必要はないとすら思います。 ゴールデングローブ賞では外国語映画賞、アカデミー賞では外国語映画賞、編集賞に複数ノミネートされました。 主人公・クルトのモデルは、オークションに出品すれば数十億円の価格がつくことで知られる、現代美術界の巨匠、ゲルハルト・リヒター。 美術学校でクルトは被服科の女学生エリザベト(以下「エリー」)と知り合い、二人は恋に落ちます。 エリーは死んだ 叔母エリザベトにどこか似ており、クルトはすぐに彼女に惹かれました。

>

映画『ある画家の数奇な運命』見所・感想|芸術を通して見えてくる「真実」とは?

愛知県• クルトはそれを知ると、創作活動を再開します。 マルタ・ゼーバント: ()• ある日、クルトのアトリエに入ってきた義父は、エリザベトと義父、首謀者の三人が描かれた作品を見て、ひどく取り乱します。 - (ドイツ語). そしてアート(真実)は残り、間違った権力の方が先に滅ぶ。 群馬県• それは美しい懐かしい思い出。 もちろん戦争を描いた作品は、これらに限らずさまざまな視点でたくさんの作品が作られてきました。

>

映画『ある画家の数奇な運命』 « 名古屋市美術館協力会ブログ

映画『善き人のためのソナタ』で『第79回アカデミー賞外国語映画賞』を受賞したフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクが監督を務めた同作は、ゲルハルト・リヒターの半生をモデルに、ドイツの「歴史の闇」と「芸術の光」に迫るもの。 最高の一本でした。 そこで、精神的に問題があると診断され、当時のの政策で衛生局へ連れて行かれることになる。 「ある画家の数奇な運命」 これはいい映画でした。 それ以来、脂とフェルトは私に染みついている」と、第二次世界大戦中に乗っていた爆撃機が墜落して、タタール人に助けられた話(「ボイスによるフィクション」とWikipediaが書いてるエピソード)をします。 しかしある日、エリザベトは心身のバランスを崩し入院。 しかし映画化に関し、登場人物の名前を変え、どこが映画の脚色かは明かさないという条件がリヒターから付けられた。

>

ある画家の数奇な運命

アカデミー賞二部門にノミネートされた本作。 少し時が過ぎて1951年、成長したクルト(トム・シリング)は東ドイツの美術学校に入学します。 その後エリーの父親は西ドイツに移住し、偶然にもクルトとエリーも西ドイツへ行くことに。 そんなこととは知らないクルトはやがてエリーとさらに親しくなり、まもなくしてエリーは妊娠。 韜晦 とうかいの隙間に真相がちらつく。 幼い クルトは叔母の エリザベトから、芸術に触れる楽しさを教わりました。

>

ある画家の数奇な運命|MOVIE WALKER PRESS

KG 芸術の存在意義を問うテーマ 『善き人のためのソナタ』を手掛けたフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督にとって、戦争は大きなモチーフであることが、本作と共通する点において理解できるでしょう。 しかし筆は思うように進みません。 そのとき絵は、映像は、人の絆を破壊する暗い力に屈しない生命の脈動で私たちを震わせる。 ある日、クルトは元ナチスの医者が逮捕されたことを知ります。 少年クルトは叔母の影響から、芸術に親しむ日々を送っていた。

>