または あるいは。 「あるいは」の意味と読点の使い方、「もしくは/または/それとも」との違い

「又は」・「若しくは」の用法

例文 ・その行事はお正月もしくは節分にやるべきです。 英語で言うと「or」でしょうか。 「及」には追いつく・届くの意味がある 「及び」は「~と」と単語を並べる場合に使いますが、「及ぶ」という動詞もあります。 例えば、「石川へは飛行機あるいは夜行列車で行こう」などと使います。 海外留学、 あるいは進学する。 「若しくは」で小さいグループをくくりその中で選択する、「又は」はそれらのグループ同士を比べて選択するということです。 「前後の事柄」と「似通った事柄」という部分に若干の違いがありますが、 基本的にはほぼ同じ意味の選択的接続詞 です。

>

「あるいはまた」に関連した英語例文の一覧と使い方

この意味の「あるいは」における読点(、)はなくても問題ありません。 簡単に言うと、「AとB」としたい場合に使う言葉です。 「 或いは歌をうたい、 或いは笛を吹く」 2 ある事態が起こる可能性があるさま。 例文1-2 試験中は、携帯電話、電子手帳及び電卓の使用は認められません。 「部品Aおよび部品Bならびに装置Cならびに液体D」の場合、以下のような意味になります。 また、法律用語では、「又は」と「若しくは」を使い分けするとき、「又は」を小さな段階の語句を併合するときに使い、「若しくは」は大きな段階の語句を併合するときに使います。

>

「あるいは」の意味と読点の使い方、「もしくは/または/それとも」との違い

また、 「あるいは」は「会議は明朝行われる予定だが、あるいは午後になるかもしれない」と言う風に「もしかすると」「ひょっとしたら」という意味で使えるという点も他と違っています。 後者は、電車の種類を先に言って、最後に別の手段を提案しています。 机の横幅は120センチ、あるいは150センチ、あるいは170センチだ。 「及び」の使用においては、必ずしも句読点を挟む必要はありません。 ・二つ以上の階層がある場合は、一番上の階層のみ「又は」を使い、二番目以降の階層は「若しくは」を使う。 たとえば、• あくまで個人的感覚ですが、 AとBの微妙な違いを表現したい場合に「あるいは」を使っているようです。

>

「もしくは」の敬語表現・もしくはの使い方と例文・別の敬語表現

「若しくは」に限っては、3つ以上ある場合使います。 「ならびに」は異なるジャンルのものを列挙する場合に用います。 1、 3つの事柄を選択肢としてあげたい場合には通常、 「輸送手段としては、トラック、または船、あるいは飛行機が考えられる」 のように「あるいは」を後のほうで使用する場合が多いと思います。 不用品を売買若しくは交換する。 日常用語ではこの2つの違いを特に意識しないと思いますが、法令用語としては「その他」と「その他の」では 意味が異なります。

>

「もしくは」の敬語表現・もしくはの使い方と例文・別の敬語表現

例として、「装置123および456ならびに送信機123ならびに制御装置123」を紹介します。 「もしくは」と読みます。 「もしくは」は「若しくは」とも表記され、どちらか一方を選択するのに用いる事を指し、もう一つの意味としてひょっとして、あるいは、もしかしたらといった可能性を含む意味合いもあります。 また、「AとBとCと」という風に、「~と」という表現が重なると、読みづらいこともあり、ビジネスでは「及び」という表現を使うのが一般的です。 「または」の例文 例文• これは並行させるのではなく「付け加える」意味合いが強くなります。 この場合、同じ瞬間にしているわけではなく、ある一定の期間内で同時に相反することが行われていることを表します。 意味は単純ですが、文字にする際には少し注意が必要です。

>

「及び」の使い方と意味とは?並びに・または・かつとの違いも解説

これを 善意の第三者といったりします。 ニュアンスとしては、「または」に比べてやや固めの表現になります。 「若しくは」は複数のうちそのいずれかを選ぶ場合にのみ使う• 「及び」の使い方と例文 「~と」という意味の「及び」はどう使うのが正しいのでしょう。 前者は経理担当者と部長が同格扱いで表現されています。 Do you want to go to the party? しかし、「 または」は数学的には 「すべて」の場合にも使うそうです。 こちらの使い方も「もしくは」と同じですので、TPOによってひらがなと漢字の使い方を考えましょう。

>