玉名 牧場。 玉名牧場

熊本県畜産広場

環境や食についての意識が今ほど高くなく、自然農法という概念すらなかった時代です。 この視界がパッと開ける感覚が、玉名牧場という場所を とても印象深いものにしているのかもしれない。 さらに、ナチュラルチーズを製造する際に出てくる、ホエーと呼ばれる栄養価の高い水分を有効活用するために、常に2〜4頭の豚を飼育し、ホエーを餌として与えています。 そんな牛たちの日常のなかに 食べること、生きることの本質を見いだすことができる。 自然に教えてもらったことの最たるものが、酪農です。

>

玉名牧場

というのも、完全放牧で日頃から適度な運動をしている牛たちの出産は、 人知れずにスルッと産んで、気づいたら子牛が元気に歩き回っていることが多いという。 田んぼも畑も酪農も、年数がたてばたつほど、どんどん手がかからなくなっていきます。 玉名牧場があるのは、熊本県の北部・玉名市三ツ川。 1次処理がきちんと出来ていれば、ブロア処理と切り返しにより、熟成度の高いたい肥ができる 6. この豚を「ホエー豚」として加工しています。 有明海を望む標高約200mの山頂。 おなかいっぱい過ぎてアイスを頼む余裕もなくピザ1枚で終了。

>

『熊本だから味わえるチーズを〜玉名牧場』by ゆめゆめ : イルフォルノドーロ

平成14年度 県酪連主催の堆肥共励会において、優秀賞を獲得し、自信が持てたことで更に、耕種農家の要求に応えるべく、常に堆肥の水分は50%以下の完熟であることを基本として努力しています。 そうしてできた製品のひとつ「ルミエール」が2011年に、くまもと食品科学研究会大賞で最優秀賞を受賞しました。 出産直前のアイちゃんの様子を撮影したもの。 閉鎖から20年近く、台風や経年劣化でボロボロになった牛舎がポツンとあるだけの牧場跡に2000年、入植。 このプリンが絶品!!白いブラマンジェのようなプリンにかかった苦みのあるカラメル・・・。 臭わないけれど、食べられません!. ニワトリの放牧場に子牛たちを放ち、早くから草を食べる練習をさせるようになったのもそのひとつです。 そのことが、無心で率直な人柄となって、玉名酪農協の青壮年部長を歴任され、活躍されています。

>

玉名牧場 (玉名市) の口コミ2件

そして今回試したかったのが、ルコリーノのトニック。 mobile メニュー ドリンク ワインあり、ワインにこだわる 料理 健康・美容メニューあり 特徴・関連情報 利用シーン | こんな時によく使われます。 確かにこのエスプレッソマシンはスゴイ。 なお、土日は混んでるんだろうけど、平日夜だと予約なし訪問でも余裕。 人間の年齢で換算すると80歳は優に超えている年齢であるにもかかわらず つい最近、14回目のお産を終えたばかり。 玉名牧場の見習い番犬「くうた」。 2000年に入植した当時のこの場所は、うっそうと生い茂る雑木林のなかにある 20年以上も使われていなかった牧場跡。

>

玉名牧場

たとえば、2002年より耕作をはじめた田んぼは、2年目に雲霞(うんか)で絶滅したことがあります。 地域への貢献 地域とのふれあいや酪農の理解を啓発する一環として、堆肥を家庭菜園や学校庭園へ一部無料で供給しています。 「食は、すべての根源になるもの。 熊本県は菊池市にあるピッツェリア「イルフォルノドーロ」。 ここは 乳製品使った料理がスゴイのかな? マイレビュアー様にアドバイスもらったアイスクリームをお願いするのを忘れてしまいましたが、 お任せデザートでも十分そのすごさは味わえました。 "自然の営み"をお手本にした自給自足から、自然農法による米や野菜の栽培、養鶏・酪農、 さらにはチーズの製造・販売や、ホエー(乳製品を製造時の残りの水分で栄養価が高く、「乳清」とも呼ばれます。

>

玉名牧場

相変わらずの人気店ですね~。 農業を生業にするなんて考えたこともありませんでしたが、それでも休みのたびに、喜んで通うようになりました。 国土が狭く、山地が多い日本ならではの酪農モデルにしたいという思いがあったからだ。 「これはなにかが違う」。 もともと、自らの力で草を食む習性を持つ牛も、つなぎ牛舎で育つとその習性を忘れてしまいます。 高齢出産を続けるアイちゃんのことは玉名牧場のウェブサイトで紹介され、 評判が評判を呼んで、妊婦さんが見学に来るようになった。 四季折々のうつろいの中、 心の豊かさをみたしてくれる ゆったりとした贅沢な時間が流れていく・・・ お迎えする全てのお客様にとって、 旅のよき想い出のひと…• 車の離合も困難なみかん畑のあいだにある小さな道を通りながら 手づくりで要所要所に設けられた看板を頼りに車を走らせる。

>