発酵 の テーマ パーク。 埼玉「OH!!!~発酵、健康、食の魔法!!!~」4施設から成る発酵のテーマパークが飯能市にオープン!

【飯能】食の魔法を体感しよう!発酵食品のテーマパーク「OH!!!~発酵、健康、食の魔法!!!~」

「HAKKOガーデン」では遊具やヤギ、綺麗に造られた花の広がる庭。 〜発酵、健康、食の魔法〜パンフレットより 施設は発酵食品の売店やカフェ、レストラン、体験棟の4つの建物で構成されています。 ここには、万田酵素を使って育てた野菜や果物が見られる畑や、 じゃぶじゃぶ池や、錦鯉が泳ぐ池、 じゃぶじゃぶしている子供たち 万田酵素で育った花や動物(ヤギ)なども。 また、地元・飯能の採れたて野菜や特産品がそろう「飯能マルシェ」や、雑貨なども。 店頭でしか味わえない焦がしたてパリパリ食感のチーズブリュレタルトがおすすめ。

>

発酵をテーマにした複合観光スポットが話題!! 自然豊かな飯能市にオープン

『 HAKKOパーク』へのアクセスや駐車場 広島県尾道市因島重井町5800-95• 先人の知恵が凝縮された発酵食品は、まるで「魔法」です。 施工会社は株式会矢島工務店(矢島崇行代表取締役)。 リニューアル前にはなどがあり、万田発酵が販売する健康食品「万田酵素」の生産工程を見られたり、植物用の万田酵素で育った農作物の畑を見学できる施設でした。 【4】レンタルスペースの利用 ワークショップが開催されている 「パシャリキ研究所」を、レンタルスペースとして利用することもできます。 万田発酵が因島の本社前に、発酵をテーマにした「HAKKOパーク」をオープン。 レストラン棟 引用: 地元食材と発酵食品を使った料理を楽しむことができます。

>

【飯能】食の魔法を体感しよう!発酵食品のテーマパーク「OH!!!~発酵、健康、食の魔法!!!~」

カフェラテ:450円• ) 健康食品に興味がある人はHAKKOゲート内にあるお店で万田酵素をチェックじゃ! もあるみたいじゃの。 「OH! 健康・発酵・in飯能 発酵・熟成・国産・無添加にこだわったお漬物やこだわりの発酵食品を揃える予定。 料理教室• 「OH! 麹や乳酸菌を使った料理です。 約6倍!! 鯉や金魚のおる池もあった。 アレルギーが増えたのは白砂糖や食品添加物が原因? 近年、アレルギー体質の人が急増しているのは欧米化した食生活が原因と言われています。

>

発酵のテーマパーク「OH!!!」飯能市 10月16日オープン決定!

ハンモックもあって、のんびりと過ごせます。 西武池袋線の 飯能駅からだと、徒歩でも15分ほど。 HAKKOガーデン 畑や動物・遊具や癒しのスペースも HAKKOガーデンは、ゲートの正面にある緑豊かなエリア。 首都圏中央連絡自動車道・青梅ICから20分 もちろん、埼玉県内の移動であれば高速道路は使わず、下道で行くこともできます。 ほかにも、味噌の仕込みやぬか床づくりのワークショップ、地元作家によるクラフト教室などを開催予定。

>

発酵をテーマにした複合観光スポットが話題!! 自然豊かな飯能市にオープン

〜発酵、健康、食の魔法〜」は漬物メーカー、所沢市のピックルスコーポレーションが運営する食のテーマパークです。 カフェ棟は、たっぷり野菜と食物由来の「ピーネ乳酸菌」が摂れる「具沢山サンドイッチ」、自家製ヨーグルト、焼き立てスイーツが楽しめるカフェ。 ほうれん草麹甘酒と狭山茶のシフォン:450円• この建物を出て海の方へと真っすぐに進む。 駐車料金は無料でした。 クラフト教室• おもてなしの心じゃ~。 発酵のチカラで作られた薬味と新鮮野菜を添えて召し上がりください。 詳細はWEBサイトをご覧ください。

>

発酵のテーマパーク「OH!!!」飯能市 10月16日オープン決定!

栄養価が増したり、消化を助けたり、 最近では腸内環境改善も注目されています。 レストラン 出典:OH! ピーネデリプレート:1,300円• 白ヤギのスマイルちゃんと黒ヤギのピース君。 」には、発酵をテーマにしたレストランやカフェ、全国から厳選した発酵食品を販売するセレクトショップがそろっています。 世界の発酵食品や万田酵素について知れる「HAKKOミュージアム」 HAKKOミュージアムは、世界中の発酵食品のことから万田酵素のことまで学べる、研究資料などを含めた展示施設。 15分ほど歩けば飯能市のシンボルでもある天覧山の山頂が、道を挟んだすぐ向かいには飯能市中央公園、さらに下ると飯能河原もあり、休日のお出掛けにもピッタリです。 )方面を望むとこんな感じじゃ。 サウナは2つ。

>

飯能市発酵食品テーマパークのピーネカフェの内容や価格は?

万田発酵の「HAKKOホール」と工場見学 万田発酵や発酵食品について学べるガイドツアーに参加すると、HAKKOホールで特別ムービーを鑑賞できる。 「漬物をはじめ、味噌や醤油などの発酵食品は、スーパーなどでも多く売られています。 写真:宮沢湖の景色を見ながら入れる露天風呂。 【データ】 施設名: OH! 工場直送のヤンニョム(韓国語の合わせ調味料の総称)をベースに調味料を足して、世界にひとつだけの自分好みのキムチを作ることができます。 「OH! — 2020年 9月月18日午前2時06分PDT ピーネカフェは、OH! 『HAKKOパーク』海辺の眺めが素晴らしく、遊具とヤギさんが子供に嬉しい!! 「HAKKOパーク」はHAKKOゲート、HAKKOホール、HAKKOミュージアム、HAKKOガーデンの4つの要素から構成されとる発酵を学べるテーマパークじゃ!! 「HAKKOゲート」では食事や買い物。 (そういや瀬戸田のしまなみドルチェのジェラートもおいとったのう。

>

因島にHAKKOパーク、万田発酵 しまなみ海道のおもてなしスポット

アンダーバー部分は、その時々によっていろんな言葉がはいります。 開設もその一環。 電話番号:0120-85-1589(9時~17時)• 他にも、発酵調味料を使った料理教室やクラフト教室、隣接する能仁寺とのコラボ修業体験にも挑戦できる。 サウナは体に溜まった老廃物を排出するデトックス効果やストレス解消、冷え症の改善などに効果が期待できます。 起工式には、ピックルス社の荻野芳朗代表取締役会長、三品徹取締役経理・財務部長、OH社の尾中社長ら関係者のほか、来賓として能仁寺の萩野住職、萩野賴子さん、大久保勝市長、上良二副市長、飯能商工会議所の矢島巌会頭ら数多くの人が招かれ、仏式で厳粛に執り行われた。 また「飯能マルシェ」と題して、地元の新鮮な野菜や地域の手作り雑貨の販売コーナーがあったり、糀ソフトクリームやご飯がススムキムチコロッケ、ビールなどを片手にのんびりくつろげるスペースもあります。 ~は 駐車場完備。

>