鶏口 牛 後 現代 語 訳。 十八史略 「臥薪嘗胆」 現代語訳

鶏口牛後・十八史略 現代語訳・書き下し文・読み方

「汝は会稽の恥を忘れたのか。 さらに城に近い田は良い田だったとされる。 呉人之を憐(あはれ)み、祠(し)を江上(かうじやう)に立て、命じて胥山(しよざん)と曰(い)ふ。 」 そこで、粛侯は蘇秦に遊説資金を与えて諸侯と同盟を結ばせようとした。 車騎輜重、擬於王者。 」と 是に於いて、六国従合す。 そこで、燕の文侯のもとへ行って自説を説き、(燕の南にある)趙と南北に同盟を結ばせようとした。

>

鶏口となるも牛後となるなかれ

」 粛侯乃資之、以約諸侯。 したがって、リスクをとることをすすめている「鶏口となるも牛後となるなかれ」とは、正反対の言葉です。 」 於是六国従合。 秦の恵王に游説して、用ゐられず。 しかし、「鶏頭牛尾」を展開して『寧ろ鶏頭となるも牛尾となるなかれ』と読むのは間違いです。 句践国へ反(かえ)り、胆(きも)を坐臥(ざぐわ)に懸(か)け、即ち胆を仰(あふ)ぎ之を嘗(な)めて曰はく、 「女(なんぢ)会稽の恥(はぢ)を忘れたるか。

>

十八史略 「臥薪嘗胆」 現代語訳

燕資之、以至趙。 したがって、「鶏頭となるも牛尾となるなかれ」は間違いです。 大王 (だいおお)の為 (ため)に計 (はか)るに、 六国 (りっこく)従親 (しょうしん)し以 (も)って秦 (しん)を擯 (しりぞ)くるに若 (し)くは莫 (な)し」と。 夫差乃賜子胥属鏤之剣。 況 いは んや衆人をや。 張儀は「私の舌を見ろ、まだちゃんとあるか もしあるならばきっと名誉を挽回してやる 」と言った。

>

◆『史記』・蘇秦列伝に云う「寧ろ鶏口と為るも牛後と為る無かれ」は司馬遷が誤って『戦国策』を写したものだった!?…『顔氏家訓』・書證篇第十七◆: IKAEBITAKOSUIKA

周の元王(げんおう)四年、越は呉を攻めた。 大王のために計画を立てますに、六国が南北に同盟を結んで、そして秦を排斥するのに勝るものはありません。 我をして洛陽負郭の田二頃有らしめば、 豈に能く六国の相印を佩びんや。 富貴なれば則ち親戚も之を畏懼し、貧賎なれば則り之を軽易す。 (納得した)燕はこの蘇秦に資金を与えて、趙に行かせた。 蘇秦は世間によく言われていることわざを使って、このように諸侯に説いた、 「小さな組織のトップになっても、大きな組織に従属してはならない。 」 粛侯乃資之、以約諸侯。

>

鶏口となるも牛後となるなかれ

洛陽の人に蘇秦という者がいた。 その策にかかり、斉と魏は趙を攻撃した。 蘇秦笑曰、 「何前倨而後恭也」。 合 ( がっ ) 従 ( しょう )(南北に同盟を結ぶ)して、親密にすること。 犬になるなら大家の犬になれ 長いものにはまかれろ いずれも、安定志向で楽な生き方を説いているもので、鶏口牛後とはまったく逆になります。 燕資之、以至趙。 学校の授業でも、大人数よりも少人数の方が、一人一人の個性が目立ち、先生や周囲に意見を伝えやすくなります。

>

鶏口(けいこう)となるとも牛後(ぎゅうご)となるなかれ

蘇秦がため息をつき嘆いて言うには、「一人の人間なのに、金持ちで地位が高ければ親戚でさえその人を恐れはばかり、貧乏で地位が低ければその人を侮り軽んじる。 鶏の口たる、6つの小国が力を合わせて秦に立ち向かいましょう。 現代社会に例えてみれば、大会社の歯車になって末端で働くよりも、小さな会社で方針を決定するような立場に立つ方が良い。 」の部分は、[ 現代語訳・書き下し文 ]の後に掲載しています。 蘇秦(そしん) - 人名。

>

合従連衡・故事

関所の規則では、鶏が鳴いてはじめて旅人を通すことになっていた。 白文と書き下し文 [ ] 蘇秦者、師鬼谷先生。 其の後、秦犀首 をして趙を欺かしめ、従約を破らんと欲す。 越は十年間、民を育て増やし、財力を蓄えて国力を強くし、その後の十年間は民を教育した。 粛侯 (しゅくこう)乃 (すなは)ち之 (これ)に資 (し)し、以 (も)って諸侯 (しょこう)に約 (やく)せしむ。 「鶏口」はニワトリの口で、小さい組織のトップを表します。

>

鶏口牛後 十八史略 漢文 i think; therefore i am!

) 【原文】 秦人恐喝諸侯、求割地。 朝夕臥薪中、出入使人呼曰、 「夫差、而忘越人之殺而父邪。 『 顔氏家訓』が話題性にとんで、興味ある随想録となっているのはそのせいであろう。 」 蘇秦はため息をついて言った、 「私は一人の人間であるのに、 裕福で身分が高ければ、親戚も恐れてびくびくし、 貧しく身分も低ければ、軽んじ侮る。 【現代語訳】 秦は諸侯を、武力を背景に威し、領土の割譲を求めていた。 (闔廬の)子の夫差(ふさ)が王位に就いた。

>